ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 芦屋の里浜づくり > 芦屋の里浜づくり事業

本文

芦屋の里浜づくり事業

記事ID:0014975 更新日:2020年10月7日更新

「芦屋の里浜づくり」とは

 遠賀川河口西側に位置する芦屋海岸は、北九州地域及び筑豊地域の人々の憩の場・海水浴場として古くから賑わってきました。
 しかし、福岡県の管理港湾である芦屋港建設以降は、芦屋海岸への砂の堆積が進み、その堆積した砂が強風によって数百メートル先の住宅地まで飛散し、住民生活に深刻な被害をもたらし、海水浴場に隣接する海浜公園内にも、飛砂により大量の砂が堆積していました。
 このため、芦屋海岸を管理する福岡県に、堆砂の除去や飛砂対策について要望した結果、福岡県による「芦屋の里浜づくり」の事業が実施されています。

里浜づくり全体計画図 上空写真

芦屋の里浜づくり事業の詳細は、福岡県のホームページをご覧ください。

芦屋の里浜づくり(福岡県ホームページ)<外部リンク>

これまでの取り組み

 松林が飛砂対策だけでなく、子や孫の代まで親しみを持って永く造り育ててもらえる地域の財産となるように福岡県による「芦屋の里浜づくり」の事業が行われています。
 平成18年度から平成19年度にかけて、地域住民の皆さんにご参加頂いて、全6回のワークショップを開催し、「里浜全体像」をつくりあげました。
 その後、平成20年度からは、地域住民代表・PTA・地域の団体などの構成メンバーとする実行委員会が開催され、平成27年3月、平成28年3月、平成29年3月とボランティアによる松の植樹が行われました。

松の植樹の様子

  • 平成27年3月7日(土曜日)
  • 平成28年3月12日(土曜日) 
  • 平成29年3月11日(土曜日) 

植樹集合写真 植樹風景写真 植樹風景

関連ファイル

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


芦屋の里浜づくり事業
取組の成果

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?