ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 芦屋町議会 > 平成20年第1回定例会(3月)議決結果

本文

平成20年第1回定例会(3月)議決結果

記事ID:0002029 更新日:2008年3月31日更新

平成20年第1回定例会(3月)議決結果一覧

第1回定例会が平成20年3月3日から13日までの11日間の会期で開催されました。
条例、新年度予算、補正予算をはじめ、請願などが上程され、次のとおり議決されました。

条例

  • 芦屋町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

芦屋町特別職報酬等審議会の答申に基づき、条例を改正するもの。
(継続審査)

  • 芦屋町特別職の職員の給与等の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について

芦屋町特別職報酬等審議会の答申に基づき、条例を改正するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町一般職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

人事院勧告に基づき、給料月額、扶養手当及び勤勉手当を改正するもの。
(可決満場一致)

  • 単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について

地域手当の廃止に伴い、条例を改正するもの。
(可決賛成多数)

  • 芦屋町国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

医療制度改革により、特定健康診査の義務化、年齢区分の負担金を改正するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について

医療制度改革により、税率等を改正するもの。
(可決賛成多数)

  • 芦屋町後期高齢者医療に関する条例の制定について

後期高齢者医療制度の開始に伴い条例を制定するもの。
(可決賛成多数)

  • 芦屋町特別会計設置条例の一部を改正する条例の制定について

後期高齢者医療制度の開始に伴い特別会計を設置するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町すぎな園施設設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について

すぎな園を閉園するため、この条例を廃止するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町保育所設置条例の一部を改正する条例の制定について

延長保育育成事業の国庫補助基準に基づき、条例を改正するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町保育料徴収条例の一部を改正する条例の制定について

国の基準額が改正されることに伴い、保育料徴収基準の階層区分の所得税額を変更するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の制定について

経済的な理由により修学することが困難な者に、職業に必要な技能及び知識の習得を援助するため、条例を制定するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町洞山整備基金条例の制定について

芦屋町の景観地である洞山及び堂山の整備を行うための基金を設置し、その管理運用方法を定める条例を制定するもの。
(可決満場一致)

  • 芦屋町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町母子家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町健康管理センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町奨学金貸付基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町心身障害児者の就学援助に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  • 芦屋町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について

条例の一部を改正するもの。
(可決満場一致)

芦屋町長等の給与の特例に関する条例の制定について
町長及び副町長の給与を一定期間減額するもの。
(可決満場一致)

予算

  • 平成19年度芦屋町一般会計補正予算(第4号)について
  • 平成19年度芦屋町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について
  • 平成19年度芦屋町老人保健特別会計補正予算(第2号)について
  • 平成19年度芦屋町国民宿舎特別会計補正予算(第1号)について
  • 平成19年度芦屋町給食センター特別会計補正予算(第1号)について
  • 平成19年度芦屋町訪問看護特別会計補正予算(第1号)について

年度内の所要額が歳入歳出ともほぼ確定したので、最終的に調整するもの。
(可決満場一致)

  • 平成19年度芦屋町競艇施設特別会計補正予算(第2号)について

歳入=施設貸付料及び一般会計から退職金の繰入金の増額
歳出=競艇事業振興基金積立金の増額
(可決満場一致)

  • 平成19年度芦屋町病院事業会計補正予算(第3号)について
  • 平成19年度芦屋町公共下水道事業会計補正予算(第2号)について

年度内の所要額が歳入歳出ともほぼ確定したので、最終的に調整するもの。
(可決満場一致)

  • 平成20年度芦屋町一般会計予算について

予算総額 6,100,000千円
対前年比 10.4%増
(可決賛成多数)

  • 平成20年度芦屋町国民健康保険特別会計予算について

予算総額 1,593,690千円
対前年比 7.4%減
(可決賛成多数)

  • 平成20年度芦屋町老人保健特別会計予算について

予算総額 184,240千円
対前年比 87.9%減
(可決賛成多数)

  • 平成20年度芦屋町後期高齢者医療特別会計予算について

予算総額 169,347千円
新規
(可決賛成多数)

  • 平成20年度芦屋町国民宿舎特別会計予算について

予算総額 108,800千円
対前年比 38.8%減
(可決満場一致)

  • 平成20年度芦屋町給食センター特別会計予算について

予算総額 159,335千円
対前年比  8.9%減
(可決満場一致)

  • 平成20年度芦屋町訪問看護特別会計予算について

予算総額 22,171千円
対前年比 2.9%増
(可決満場一致)

  • 平成20年度芦屋町競艇施設特別会計予算について

予算総額 1,344,718千円
対前年比 14.7%増
(可決満場一致)

  • 平成20年度芦屋町病院事業会計予算について

予算総額
収益的収入 2,078,970千円  4.4%減
同支出 2,124,493千円  4.9%減
資本的収入 27,000千円   6.9%減
同支出     207,860千円   1.0%減
(可決満場一致)

  • 平成20年度芦屋町公共下水道事業会計予算について

予算総額
収益的収入 517,952千円   4.8%増
同支出 583,882千円   0.1%減
資本的収入 302,723千円  32.8%減
同支出 412,502千円  30.3%減
(可決満場一致)

報告

  • 専決処分事項の報告について

町営住宅建物明渡等請求訴訟について、報告するもの。

人事

  • 芦屋町教育委員会委員の選任同意について

任期満了に伴い、次の方の再任が同意されました。
吉村 繁 氏
芦屋町大字芦屋910番地1
(同意満場一致)

意見書

  • 道路特定財源の確保に関する意見書について

今井保利議員より、道路特定財源の確保に関する意見書の提出を求める旨の要望があり、賛成多数で可決されました。
なお、下記の意見書を関係機関に送付しました。

道路特定財源の確保に関する意見書

 道路は、豊かな生活の実現と国土の均衡ある発展を図るための最も基本的で、欠くことのできない社会資本であり、その果たす役割は近年益々重要となっている。
 本町においては、地域間の交流・連携を深めることにより、産業や生活の両面にわたり地域の活性化を促し、均衡ある発展を図ることが強く求められている。
 このためにも、現在進められている芦屋橋架け替え事業の早期完成や一般国道の幹線道路をはじめ、生活に密着した県道、町道の整備を促進することが緊急かつ重要な課題となっている。また、少子高齢化が進展しているなか、安心・安全の確保や物流の効率化・社会のIT化支援など、新たな経済構造実現に資する道路の整備を進めることが重要である。
 しかしながら、本町の財政事情は大変厳しいものがあり、道路整備を計画的・効果的に推進するためには、その財源の確保を図るほか、国と地方とが適切に役割分担をしつつ、密接な連携を図る必要がある。
 このようななか、国から今後の具体的な道路整備の姿を示した中期計画が公表されているが、現行の道路特定財源の暫定税率等安定的な道路財源が確保されないこととなれば、本町の振興・発展に与える影響は計り知れないものがある。
 よって、国におかれては、つぎの事項について特段の配慮がなされるよう強く要望する。

  1. 道路特定財源の見通しに当たっては、地方が真に必要とする道路整備が遅れることのないよう、地方の実情を十分考慮し、これを「道路の中期計画」に的確に反映させること。
  2. 渋滞対策、交通安全対策、沿道環境対策等安全で快適な生活環境づくりを推進するため、道路整備を一層促進すること。
  3. 旧産炭地域である当地域の振興施策を支援し、地域の活性化に寄与する幹線道路の整備を促進すること。
  4. 地方の道路財源を確保するとともに、地方財政対策を充実すること。

請願

  • 非核自治体宣言を求める請願書

非核の政府を求める福岡県の会事務局長の熊谷芳夫氏より請願が提出され、賛成多数で採択されました。

その他

  • 芦屋町非核宣言決議について

請願が採択されたことに伴い、「芦屋町非核宣言」を賛成多数で決議しました。

「芦屋町非核宣言」決議

世界の平和と安全は、人類共通の願いです。しかし、世界各地では戦争や紛争が絶えません。
核兵器の増強や開発は、今も続いており世界平和と人類の生存に大きな脅威となっております。
芦屋町は、国是である「非核三原則」を厳守し、唯一の被爆国として核兵器の廃絶を訴え、
ここに「非核都市」を宣言する。
以上決議する。

福岡県芦屋町議会


議会の広報・広聴

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?