ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症情報 > 芦屋町長からのメッセージ(令和3年4月21日)

本文

芦屋町長からのメッセージ(令和3年4月21日)

記事ID:0017019 更新日:2021年4月21日更新

町民の皆さまへ

 全国的な「まん延防止等重点措置」の適用地域の拡大や、若年層の感染割合が高い傾向にある「新型コロナウイルス変異株」の感染報告が相次ぐなど、福岡県でも感染者数が急増しています。
 福岡県は4月19日(月曜日)に、新型コロナウイルス感染症への今後の対応として、4月20日(火曜日)から5月19日(水曜日)までの間、県民の皆さまに対し、日中を含めた不要不急の外出自粛などを要請しました。
 私たち一人ひとりができることを再確認し、新しい生活様式に対応しながら、社会全体で感染防止策を図り社会経済活動を継続していかなければなりません。
 感染拡大を防止するため、引き続き「3つの密」や感染リスクが高まる「5つの場面」などの回避、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策の徹底など、「新しい生活様式」を行うようお願いします。

 新型コロナウイルス感染症支援策(第7弾)として、町民の皆さんに、町内で使える商品券1万円分を給付する「生活応援商品券発行事業」をはじめ、新たに4つの町独自支援策を実施します。
 また、ワクチン接種については、75歳以上の高齢者を対象に5月8日(土曜日)から芦屋町総合体育館で、集団接種を開始します。
 日々の暮らしや事業活動が制限され、ご不便をおかけすることになりますが、ご自身はもとより、ご家族や大切な人を守るため、ご理解、ご協力をお願いします。

令和3年4月21日
芦屋町長 波多野 茂丸