ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 防災・消防情報 > 災害に備えた避難確保計画を作成していますか

本文

災害に備えた避難確保計画を作成していますか

記事ID:0016005 更新日:2021年2月15日更新

避難確保計画とは

 水害及び土砂災害が発生するおそれのある場合に、要配慮者施設の利用者の避難確保を図るために必要な事項を定めた計画です。

要配慮者施設とは

 社会福祉施設、学校、医療施設など、避難をする際に防災上の配慮が必要な方が利用する施設のことをいいます。

なぜ避難確保計画の作成が必要なのか

 近年、全国各地で大規模な水害が起こっていることから、要配慮者利用施設の避難体制の強化及び水害被害の軽減を図るため、平成29年6月に「水防法等の一部を改正する法律(平成29年法律第31号)」が施行されました。

 この法改正により、浸水想定区域内及び土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設の所有者・管理者に、(1)避難確保計画の作成(2)避難訓練の実施が義務付けられました。

 対象となる施設の所有者・管理者の方は、以下の関連リンクや関連ファイル(ひな形)を参考にして、避難確保計画の作成してください。

避難確保計画を作成・変更したときは

 避難確保計画を作成・変更したときは、芦屋町総務課庶務係に提出してください。
 提出方法など詳しいことはお問い合せください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


国民保護

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?