ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 福祉課 > 福岡県パートナーシップ宣誓制度が始まりました

本文

福岡県パートナーシップ宣誓制度が始まりました

記事ID:0022461 更新日:2022年7月25日更新

「福岡県パートナーシップ宣誓制度」とは

 福岡県では、性的少数者の人々が、その性的指向や性自認に関わらず、人生を共にしたい人と安心して生活できる福岡県づくりを目指して、令和4年4月1日から「福岡県パートナーシップ宣誓制度」が開始されました。

 「福岡県パートナーシップ宣誓制度」とは、双方または一方が性的少数者のカップルが、日常生活において相互に協力し合い、人生を共にすることを県に宣誓し、県が「パートナーシップ宣誓書受領証カード」を交付する制度です。

「福岡県パートナーシップ宣誓制度」で利用できる県のサービス

 「福岡県パートナーシップ宣誓書受領証カード」により、パートナーが家族同様に県営住宅の入居申込等、福岡県のサービスを受けることが可能となります。

 制度の詳しいことや受けられるサービスについては、福岡県ホームページでご確認ください。

芦屋町で利用できるサービス

 芦屋町では、「福岡県パートナーシップ宣誓制度」と連携して、性的少数者の人々にとって多様な生き方ができ、誰もが明るく住みやすい町となることを目指しています。

 「福岡県パートナーシップ宣誓書受領証カード」をご提示いただくことで、芦屋町の下記の行政サービスを利用できるようになりました。

○町営住宅入居申込

○生活保護申請

○地方独立行政法人芦屋中央病院での病状説明・治療方針の同意


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?