ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康・医療 > こんなときは119番!

本文

こんなときは119番!

記事ID:0002041 更新日:2019年11月21日更新

 突然の体調不良にたいして、ためらわずに119番してほしい症状をあげました。いつもと違う、様子がおかしいと感じたらすぐに対処しましょう。

大人のからだの部位と症状

  • 突然の激しい頭痛
  • 突然の高熱
  • 支えなしで立てないぐらいふらつく

  • 顔半分が動きにくい、またはしびれる
  • にっこりと笑うと口や顔の片方がゆがむ
  • ろれつがまわりにくく、うまく話せない
  • 見える範囲が狭くなる
  • 突然、まわりが二重に見える
  • 顔色が明らかに悪い

胸・背中

  • 突然の激痛
  • 急な息切れ、息苦しさ
  • 胸の中央が締め付けられるようなまたは圧迫されるような痛みが2~3分続く
  • 痛む場所が移動する

  • 突然の激しい腹痛
  • 激しい腹痛が持続する
  • 血を吐く
  • 便に血が混ざる、または真っ黒い便が出る

手・足

  • 突然のしびれ
  • 突然、片方の腕や足に力が入らなくなる

子ども(15歳未満)のからだの部位と症状

  • 頭を痛がって、けいれんがある
  • 頭を強くぶつけて出血が止まらない、意識がない、けいれんがある

 

  • くちびるの色が紫色
  • 顔色が明らかに悪い

  • 激しい咳やゼーゼーして呼吸が苦しそう
  • 呼吸が弱い

  • 激しいおう吐や下痢で水分がとれず、食欲がなく、意識がはっきりしない
  • 激しいお腹の痛みで苦しがる
  • おう吐が止まらない
  • 便に血が混ざる

手・足

       手足が硬く、ピンと張っている。

病院受診に持っていくもの

  • 健康保険証、医療症(高齢者受給者・ひとり親・子ども・障害者)、または診療依頼書(生活保護世帯)、普段飲んでいる薬・おくすり手帳。
  • 乳幼児の場合は追加で、母子健康手帳、紙おむつ、哺乳瓶、タオルなど。

救急車が来たら伝えるべきこと

  • 事故や具合が悪くなった状況
  • 救急車が来るまでの変化や行った救急手当ての内容
  • 具合が悪い人の情報(持病やかかりつけの医療機関、普段飲んでいる薬、医師の指示など)

関連リンク

関連ファイル

こんなときは119番![PDFファイル/2.2MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?