ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 防災・消防情報 > 「芦屋町と航空自衛隊芦屋基地との津波及び洪水発生時における一時避難施設としての使用に関する覚書」を締結しました

本文

「芦屋町と航空自衛隊芦屋基地との津波及び洪水発生時における一時避難施設としての使用に関する覚書」を締結しました

記事ID:0008893 更新日:2019年11月21日更新

平成30年8月31日(金曜日)、芦屋町と航空自衛隊芦屋基地との間で「芦屋町と航空自衛隊芦屋基地との津波及び洪水発生時における一時避難施設としての使用に関する覚書」を締結しました。

1.覚書締結の目的

 芦屋海岸周辺における津波や遠賀川の氾濫等に伴う洪水による被害が、発生または予見される場合において、より短時間で安全に避難できる一時避難施設を確保すること。

2.覚書締結の期間

 平成30年8月31日から平成31年3月31日まで

 ※覚書締結以降は、双方別段の申し出がない限り、1年ごとに自動更新されます。

3.覚書締結事項

 (1)使用範囲に関すること

 (2)一時避難の際の使用期間に関すること

 (3)当該地区への立入りに関すること

 (4)当該施設及び備品等の損壊時等の原状回復等に係る費用負担に関すること

 (5)避難時の事件及び事故等に係る責任に関すること

 (6)普及啓発に関すること

 (7)その他、実施にあたり必要と認める事項

 (8)使用施設の概要


国民保護

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?