ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 環境住宅課 > スプレー缶やカセットボンベ等の捨て方

本文

スプレー缶やカセットボンベ等の捨て方

記事ID:0004373 更新日:2019年11月21日更新

スプレー缶やカセットボンベ等は穴を開けて「ビン・カン袋」で捨てて下さい

使い終わったスプレー缶やカセットボンベ等は「ビン・カンごみ」として回収しています。
穴を開けずに回収している市町村もありますが、穴を開けていないスプレー缶が混入していたことで、
ごみ収集車の火災事故が発生しております。
使い終わったスプレー缶やカセットボンベ等をごみに出すときは、必ず穴を開けて下さい。

スプレー缶やカセットボンベ等の正しい捨て方

1. 中身を使い切って、空になったことを確認する

スプレー缶を振って、中身が残っていないか確認してください。
「シャカシャカ」という音がしたらまだ中身が残っている可能性があります。
音がなくなるまで中身を使い切ってください。

2. 穴を開ける

火の気のない風通しの良いところで穴を開けてください。
金づちや釘を使用すると火花が発生し、中身のガスに引火する恐れがあるため危険です。
市販されている穴開け器や缶切りをご使用ください。

3. 「ビン・カン」の袋でごみ出しをお願いします

穴を開けたスプレー缶やカセットボンベ等は、「ビン・カン」の袋で決められた日にごみ出しを
お願いします。


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?