ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 環境住宅課 > ブロック塀の安全点検のためのチェックポイント

本文

ブロック塀の安全点検のためのチェックポイント

記事ID:0016673 更新日:2021年4月1日更新

ブロック塀の点検

平成30年6月18日に発生した大阪北部地震では、ブロック塀が倒壊し2名の方が亡くなられる事故が発生しました。

ブロック塀の中には、建築基準法で定められた構造基準を満たさないものや、造られてから年数が経ち劣化したことで、危険となっているものがあります。

所有者や管理者は、あらためてブロック塀の点検を行い、安全確認をしましょう。

点検で異常が認められた場合は早期に改修や除却などの安全対策の措置をお願いします。

ブロック塀の点検のチェックポイント

国土交通省より、安全点検のための、チェックポイントが公表されました。

塀に鉄筋が入っているか、基礎の根入れ深さなどについては専門的な内容になりますので、ブロック塀を施工した業者や建築士などの専門家に相談してください。

あ

チェックシートで外観をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や分からないことがあれば専門家に相談しましょう。

チェックシートダウンロード

ブロック塀のチェックシート [PDFファイル/102KB]

関連リンク

建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について(国土交通省)<外部リンク>

ブロック塀のチェックポイント(福岡県)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?