ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 環境住宅課 > 芦屋町中古住宅解体後の新築住宅建築補助金制度

本文

芦屋町中古住宅解体後の新築住宅建築補助金制度

記事ID:0001233 更新日:2021年4月1日更新

芦屋町中古住宅解体後の新築住宅建築補助金制度

芦屋町の住環境の保全とともに定住促進を図るため、中古住宅を購入、解体しての新築に90万円、町外からの転入者で中学生以下の子どもがいる場合は10万円を上乗せする、制度です。

対象住宅

1.中古住宅は、建築後20年以上の戸建住宅であること
2.新築住宅は、解体した住宅と同一敷地に建築すること
※ともに床面積が50平方メートル以上で、その2分の1以上が自己の居住のために使用されること

対象者

1.中古戸建住宅を購入し、2年以内にその住宅を建て替えて居住する人
2.暴力団員等でない人

補助額

1.中古住宅の取得及び解体後、新築住宅を建築することに対する補助 90万円
2.転入世帯に中学生以下の子どもがいる場合は10万円
※1世帯につき10万円の支給最大で100万円の補助となります。

要件

1.町税等の滞納がないこと
2.自治区への加入

関連ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?