ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 環境住宅課 > PCBを含む機器が残っていませんか?

本文

PCBを含む機器が残っていませんか?

記事ID:0001200 更新日:2020年9月17日更新

PCBを使用した機器の処分をお願いします

 昭和52年(1977年)3月以前に建築された事業用建物(工場やビル、倉庫、マンション等共同住宅の共用部分等)の照明器具及び屋外灯にはPCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む安定器が使用されているおそれがあります。

福岡県内でPCB使用安定器をお持ちの場合は令和3年(2021年)3月31日までに処理委託契約を行わなければなりません。

※一般家庭用の蛍光灯等の安定器にはPCBは使用されていません。 

 

処分先

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)Tel:093-522-8588

 

支援制度

中小企業者等がPCB使用安定器を処分する場合は処分費用の軽減措置があります。

詳しくはJESCO中小軽減担当(0120-808-534)にお問合せください。

その他の支援制度については環境省HP(http://pcb-soukishori.env.go.jp/)を御参照ください。

お問い合わせ

福岡県環境部廃棄物対策課計画指導係

Tel:092-643-3363

 

関連リンク

福岡県ホームページ(新しいウィンドウが開きます)<外部リンク>

環境省HPhttp://pcb-soukishori.env.go.jp/<外部リンク>

 


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?