ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 環境住宅課 > 家庭でいらなくなったパソコンの処分方法

本文

家庭でいらなくなったパソコンの処分方法

記事ID:0001184 更新日:2019年11月21日更新

家庭系パソコンのリサイクル

家庭での使用済みパソコンを有益な資源として再利用するために、平成15年10月1日から「資源有効利用促進法」にもとづいた“PCリサイクル”が行われています。
メーカーがわかっているパソコンは、“メーカー”が回収・リサイクルの受付窓口になります。(メーカー各社のWEBサイトでご確認ください。)
家庭用の使用済みパソコンで、PCリサイクルマークがついているものは、新たな料金負担なしで、メーカーが回収・再資源化します。マークがついていない製品は、再資源化料金を、お客様にご負担いただきます。
メーカーが明らかでないパソコンは、ご購入された販売店にお問い合わせください。
回収するメーカーがないパソコン(自作パソコンや倒産したメーカーのパソコンなど。)は、
「パソコン3R推進センター」が回収・リサイクルの受付窓口になります。
※パソコンと一体となったキーボード、マウスなどの付属品は、パソコンと同時に排出する場合のみ、回収対象となります。
※プリンターなどの周辺機器、ワープロ専用機は、不燃ゴミ(指定袋に入り、重さが10kg未満のもの)か粗大ゴミで収集します。

関連リンク

パソコン3R推進センター<外部リンク>


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?