ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 総務課 > 芦屋町職員人材育成基本方針

本文

芦屋町職員人材育成基本方針

記事ID:0004224 更新日:2019年11月20日更新

 自治体を取り巻く社会経済情勢は、「少子・高齢化の進展」、「高度情報化社会の進展」、「環境問題への関心の高まり」、「厳しい財政状況」など急激に変化しています。これらは、いずれも自治体の行政運営に深く関わっており、行政サービスの再構築が求められています。
 一方、地方分権の進展に伴い行政を取り巻く環境は大きく変わり、自治体はまちづくりに対して住民参画と自己決定・自己責任の下、より主体的に取り組む時代を迎えました。
 このような時代に、個性的で活力あるまちづくりを行うためには、その直接の担い手である職員が専門性を高め、持てる能力を最大限に発揮しなければなりません。

 そのためには、職員一人ひとりが、自らの意識改革を進め、資質向上のために自発的・積極的に取り組んでいかなければなりません。
 町としても、職員の能力開発等を進めるために体系的・計画的に取り組む必要があり、21年3月に「芦屋町職員人材育成基本方針」を策定しました。
 今後は、この人材育成基本方針に基づき、各種施策の具体化を進め、順次実施していくことによって、職員の意欲、能力の向上に努めるとともに、組織の活性化を図り、住民サービスの向上に努めていきます。

関連ファイル

芦屋町職員人材育成基本方針 [PDFファイル/34KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?