ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 芦屋港活性化推進室 > プレジャーボート係留施設専門分科会の検討結果(芦屋港活性化基本計画・令和元年度変更に伴う検討結果)

本文

プレジャーボート係留施設専門分科会の検討結果(芦屋港活性化基本計画・令和元年度変更に伴う検討結果)

記事ID:0011711 更新日:2020年4月30日更新

 芦屋港の活性化に向けて、プレジャーボート係留施設の規模(係留隻数)や事業採算性、維持管理方法など詳細事項を検討するため「プレジャーボート係留施設専門分科会」を設置し、平成30年度に検討結果をとりまとめ、芦屋港活性化基本計画(平成31年3月策定)に反映しました。
 令和元年7月に福岡県からのゾーニング変更の提案を受け、芦屋港活性化基本計画を活かしながら、影響のある事項について再検討を行いました。
 ボートパークについては、福岡県からのゾーニング変更により、施設や保管場所が変更となることから、係留隻数や配置及びそれに関連する収支予測など、平成30年度に検討したほとんどの事項について、再度検討を行い、検討結果を取りまとめました。

※報告書は下記関連ファイルをご覧ください。

関連ファイル

プレジャーボート係留施設専門分科会の検討結果(芦屋港活性化基本計画・令和元年度変更に伴う検討) [PDFファイル/4.34MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?