ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 住民課 > 重度障害者医療費の助成

本文

重度障害者医療費の助成

記事ID:0002348 更新日:2019年11月21日更新

助成の内容

芦屋町に住んでいる重度障害者が、医療機関で診療を受けた場合、保険適用の診療について自己負担を一部助成する制度です。(平成28年10月1日診療分から拡大しました)
※3歳~小学6年生までは、子ども医療との選択が可能です。 

対象者

自己負担額

3歳~中学3年生

入院・通院ともに無料

高校1年生から


入院=1日当たり500円(月20日限度)
〔※低所得者の場合、1日当たり300円(月20日限度)〕
通院=1月当たり500円を限度

※自己負担額は、いずれも医療機関(薬局を除く)ごとに負担していただく金額です。
※入院時の食事代、差額室料代等の保険適用外費用は助成対象外です。
※精神障害者については、精神病床への入院に係る費用は助成対象外です。(3歳~中学3年生を除く)
※低所得の人(住民税非課税世帯の人)は、加入している保険者が発行する「限度額適用認定証」があれば、入院時の自己負担額が300円(日額)に軽減されます。
※生活保護を受給している人は対象になりません。

申請できる人

健康保険に加入している3歳以上の人で、障がい程度要件を満たしている人。
ただし、65歳以上の人は後期高齢者医療に加入していること。
※所得制限があります。

持ってくるもの

  • 健康保険証
  • 印かん
  • 障がい程度要件が確認できるもの(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳等)

障がい程度要件

  • 身体障害者手帳1・2級の人
  • 精神障害者保健福祉手帳1級の人
  • 療育手帳AまたはBの一部の人

福岡県外の医療機関を受診した場合

医療証は福岡県内の医療機関でのみ使用できます。
福岡県外の医療機関を受診した場合は、医療費を一時負担し、後日、役場で払い戻しの申請をしてください。
持ってくるもの:領収書、印かん、保護者の預金通帳


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?