ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 住民課 > 国民健康保険の第三者行為による届出について

本文

国民健康保険の第三者行為による届出について

記事ID:0002340 更新日:2019年11月21日更新

第三者行為とは

交通事故や暴力行為によりけがをした場合、国民健康保険被保険者証や各医療証(子ども医療証、ひとり親家庭等医療証、重度障害者医療証)を利用して治療を受けることができます。その際には、住民課保険年金係に届出が必要です。

※相手のいない交通事故の場合であっても、国民健康保険被保険者証や各医療証(子ども医療証、ひとり親家庭等医療証、重度障害者医療証)を利用して治療を受けた場合、交通事故が第三者行為によるものでないことの確認のため、届出が必要となります。

 第三者行為に該当するもの

  • 交通事故 
  • 他人のペットによるけが
  • 暴力行為や傷害行為によるけが

※ただし、次の場合は第三者行為として国民健康保険被保険者証や各医療証(子ども医療証、ひとり親家庭等医療証、重度障害者医療証)は使用できません。  

  • 加害者からすでに治療費を受け取ったり、示談を済ませたりしたとき
  • 業務中や通勤中のけがで労災保険が適用されるとき
  • 自己が原因でけがをしたとき

持ってくるもの

  • 国民健康保険被保険者証
  • 世帯主の印鑑
  • 交通事故証明書
  • 申請書
  1. 第三者による傷病届
  2. 事故状況報告書
  3. 念書(兼 同意書)
  4. 同意書
  5. 誓約書

申請書

 

国民健康保険 [その他のファイル/917KB]

子ども医療 [その他のファイル/1.15MB]

ひとり親家庭等医療 [その他のファイル/1.15MB]

重度障害者医療 [その他のファイル/1.23MB]

後期高齢者医療 [その他のファイル/1.41MB]


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?