ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 住民課 > 住民基本台帳カード

本文

住民基本台帳カード

記事ID:0002282 更新日:2019年11月21日更新

住基カード顔写真あり住基カード顔写真なし

      写真付き住基カード        写真なし住基カード

住民基本台帳カードとは

市区町村が交付していた安全性に優れたICカードのことです。種類は「写真付き住基カード」「写真なし住基カード」の2種類があります。住基カードの有効期限は発行してから10年間です。

  • 住基ネットでの本人確認に利用できます。
    住民票の写しの広域交付、転出転入手続きの特例、法令で住基ネットの利用を認められた業務での本人確認に活用できます。
  • 写真付きカードの場合、公的な身分証明書として利用できます。
  • 芦屋町から転出する場合、転入先の市町村に住基カードを持っていき、4桁の暗証番号を入力するなどの手続きをすれば継続して使用することができます。

「住基カード」と「マイナンバーカード(個人番号カード)」は重複して所持することはできません

平成28年1月から「マイナンバー制度」がスタートし、住基カードの発行は平成27年12月21日(月曜日)で終了しました。

  • 平成27年12月21日(月曜日)までに発行された住基カードは、有効期限内であれば使用することができます。電子証明書についても、有効期限内であれば利用が可能です。
  • ただし、住基カードを持っている人がマイナンバーカードの発行を申請した場合は、マイナンバーカードの受け取りの際に、住基カードの返却が必要です。(マイナンバーカードには電子証明書が標準搭載されています。)

変更・盗難・紛失について

  • 町内転居、氏名変更の場合は、役場(住民係)まで住基カードを持ってきてください。
  • カードを盗難・紛失した場合は、ただちに警察署へ盗難届(紛失届)を行った後、役場(住民係)までお知らせください。

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?