ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 戸籍・住民票・証明 > 戸籍 > 令和4年4月1日からの戸籍届出(成年年齢引き下げ)

本文

令和4年4月1日からの戸籍届出(成年年齢引き下げ)

記事ID:0021122 更新日:2022年4月15日更新

令和4年4月1日に施行される、「民法の一部を改正する法律」により、成年年齢が20歳から18歳へと引き下げられました。これに伴い、戸籍届出についても下記のとおり変更になります。

 

  18歳へ変更となるもの     

20歳から変更がないもの

  婚姻のできる年齢(18歳以上)        

  養親となることができる者の年齢     

  届出の証人となれる年齢(18歳以上)

  親権が及ぶ年齢(18歳未満)

その他、養子縁組届、養子離縁届、分籍届、認知届等にも変更がおよびます。詳しくはお問い合わせください。

婚姻届については、経過措置として、平成16年4月2日から平成18年4月1日に生まれた女性が改正後18歳未満であっても、両親の同意書があれば婚姻することができます。

 


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?