ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 子育て総合サイト > 産後ケア事業

本文

産後ケア事業

記事ID:0016660 更新日:2021年4月1日更新

芦屋町では産後のお母さんとお子さんを対象に産後ケア事業を令和3年度より実施します。

 

利用できる人

芦屋町に住所がある産後1年未満のお母さんとお子さんで、いずれかに当てはまる人

・育児支援者が少なく、保健指導や育児相談を希望される人

・産後の体調または育児に不安がある人

内容

施設において次のようなケアを受けることができます。

・お母さんの心と体の休息

・授乳の相談・指導(乳房ケアを含む)

・育児に関する相談、指導

・ご家庭でのお子さんとの生活についての相談

 
サービスの種類 利用時間 利用日数
ショートステイ型 入所から24時間 原則として7泊以内
デイサービス型 午前9時から午後5時までのうち5時間程度

原則として7日以内

自己負担額

世帯の所得の状況によって自己負担額が異なります。減免を受ける場合は、それを証明する書類を提出していただく場合があります。また、自己負担額以外で、必要な費用がかかる場合があります。詳しくは施設にお問い合わせください。

 
サービスの種類 所得の区分 自己負担額(消費税込み)

ショートステイ型

課税世帯 6,400円/24時間
非課税世帯、生活保護受給者 1,500円/24時間
デイサービス型 課税世帯 2,000円/日
非課税世帯、生活保護受給者 500円/日

(※多胎児分は町が負担するため、自己負担額の追加はありません)

利用可能な施設

 
  施設名 住所 電話番号
中間市 桑原産婦人科医院 中間市中間三丁目5番5号 093-245-0052
芦屋町 九州バースセンター 姥が懐 芦屋町大字山鹿852-77 093-701-8103
水巻町 みずまき助産院 ひだまりの家 水巻町立屋敷一丁目14番50号 093-201-7731
岡垣町 しぶや助産院 岡垣町旭台三丁目11番5号 093-282-3476

利用までの流れ

(1)利用の申請

健康・こども課 健康づくり係窓口にて申請手続行います。利用を希望する日の1週間前までに利用申請をしてください。(緊急時は希望施設にお問い合わせください。)

【お持ちいただくもの】

・産後ケア事業利用申請書

・母子健康手帳

・印鑑

・本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証など)

※非課税世帯の人:当該年の世帯の課税状況(町民税所得割額)がわかる書類(4~6月申請の方は前年度分)

※生活保護世帯の人:生活保護証明書類(診療依頼書)

同一世帯以外の人が申請する場合は委任状と委任を受ける人の本人確認書類が必要となります。

(2)担当者との面接

現在の体調やご家庭の状況、受けたいケアの内容などを確認させていただきます。

(3)利用施設の調整

面接後、担当者が利用を希望する施設が利用可能かどうか確認を行います。

※施設の空き状況によっては、希望する施設が利用できない場合があります。

(4)通知(承認・不承認)の送付

申請内容を審査し、その結果を通知します、利用が承認されましたら、「産後ケア事業利用承認通知書」を送付します。また、利用施設から、利用にあたっての注意事項の確認、利用時間の調整などのため、連絡があります。

※利用承認後、利用を中止する場合は、利用開始日の2日前までに利用施設まで連絡してください。

※連絡なく利用を中止した場合は、キャンセル料を利用施設にお支払いしていただく場合もあります。

(5)産後ケア事業利用

【お持ちいただくもの】

・産後ケア事業利用承認通知書

・母子健康手帳

・お母さんとお子さんの健康保険証、こども医療証

・赤ちゃんのお世話に必要なもの(オムツ、おしり拭き、ガーゼハンカチなど)

 ※必要な方は粉ミルク、哺乳瓶、離乳食

・その他、利用施設から指示があった持ち物

※利用終了後は健康づくり係から連絡があります。

関連ファイル

産後ケアのご案内 [PDFファイル/386KB]

産後ケア事業利用申請書 [PDFファイル/100KB]

委任状 [PDFファイル/125KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?