ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康・医療 > 風しんに対する追加的対策

本文

風しんに対する追加的対策

記事ID:0002066 更新日:2020年4月1日更新

昭和37年4月2日~54年4月1日に生まれた男性を対象とする全国的な取り組みです。

 昭和37年4月2日~54年4月1日に生まれた男性は、今までに風しんの定期予防接種の機会がなく、抗体保有率もほかの年代に比べて低いことから、抗体検査及び予防接種(風しん第5期定期予防接種)を行うこととしました。実施にあたっては、抗体検査を行い、検査結果が一定の基準を満たさない人が、予防接種を受けるという流れになります。

抗体検査や予防接種で必須となる、クーポン券は以下のように発送
(1)昭和47年4月2日~54年4月1日生まれの男性には、令和元年5月下旬に発送
(2)昭和37年4月2日~47年4月1日生まれの男性で令和元年度にクーポン券を発行していない人には、令和2年4月上旬に発送
※昨年度発行しているクーポン券の有効期限は、2020年3月となっていますが、そのまま1年間延長して使用できるようになりましたので、2021年3月までに抗体検査や予防接種を受けるようにしてください。

 

抗体検査

対象者
昭和37年4月2日~54年4月1日に生まれた男性
※平成26年4月以降に受けた抗体検査結果がお手元にある人は、その結果で予防接種の対象かどうか判断するため、今回改めて抗体検査を行う必要はありません。
自己負担額
無料
実施手順
(1)抗体検査指定医療機関に、事前に予約をしてください。
(2)抗体検査当日は、クーポン券と保険証を持っていってください。当日無い場合は、抗体検査ができません。
(3)抗体検査指定医療機関に用意されている受診票に必要事項を記入して、抗体検査を受けてください。
(4)抗体検査結果は、抗体検査指定医療機関より後日対面または郵送で通知されます。結果返却までには、1~2週間を要しますのでご了承ください。
(5)抗体検査結果は、各自で保管してください。予防接種の対象者となる場合は、接種時に抗体検査結果の提出が必要となります。
※特定健診や事業所健診時に同時に抗体検査を受けられる場合もございます。詳しくは、健診機関にお問い合わせください。

予防接種

対象者
昭和37年4月2日~54年4月1日に生まれた男性で、抗体検査結果が下記の表1(下記よりダウンロードできます。)の基準に該当する人
自己負担額
無料
実施手順
(1)予防接種指定医療機関に、事前に予約をしてください。
(2)予防接種当日は、クーポン券と抗体検査結果、保険証を持っていってください。当日無い場合は、予防接種ができません。
(3)予防接種指定医療機関に用意されている予診票に必要事項を記入して、予防接種を受けてください。

抗体検査・予防接種指定医療機関

抗体検査・予防接種指定医療機関<外部リンク>

(厚生労働省ホームページに切り替わります)

関連ファイル

 表1 予防接種における抗体価基準[PDFファイル/140KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?