ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康・医療 > 芦屋町健康増進計画

本文

芦屋町健康増進計画

記事ID:0002061 更新日:2021年12月20日更新

 近年、急速な人口の高齢化や生活習慣の変化により、がん、虚血性心疾患、脳血管疾患、慢性腎臓病及び糖尿病などの生活習慣病の割合が増加し、これらの生活習慣病にかかる医療費は国民医療費全体の3割をしめています。
 このような中、国はすべての国民が健やかで心豊かに生活できる活力のある社会とするために平成12年に「21世紀における国民の健康づくり運動(健康日本21)」を策定しました。平成24年には基本方針が改正され、「健康日本21(第2次)」を策定しています。
 芦屋町ではこうした動きに合わせて「健康日本21(第2次)」の視点を取り入れた、今後10年間で目指す健康づくりのあり方を「芦屋町健康増進計画」として策定しています。

 今回、計画策定から5年が経過したため、中間評価を実施しました。

 また、芦屋町健康増進計画を令和3年12月より、以下のとおり改定いたしました。

(1)芦屋町健康増進計画は食育の推進に関する事項を含むため、食育基本法(平成17年法律第63号)第18条第1項に基づく市町村食育推進計画として位置付けます。
(2)胃がん検診の受診率算出方法の変更に伴い、目標値の改定を行いました。

 

関連ファイル

 芦屋町健康増進計画(令和3年12月改定) [PDFファイル/1.26MB]

 芦屋町健康増進計画中間評価 [PDFファイル/757KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?