ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム >   > 栃木県佐野市との青少年交流2015活動報告

本文

栃木県佐野市との青少年交流2015活動報告

記事ID:0012977 更新日:2020年7月9日更新

 栃木県佐野市と芦屋町は、毎年交互にお互いの市町を訪問しあう形で交流しており、平成27年度は芦屋町が佐野市の子どもたちを迎えました。佐野市から19人、芦屋町からは14人の小中学生が参加し、8月3日~5日の3日間の日程で、芦屋グルメウォークや子どもサミット、鋳物印かんづくりなどを通じて交流を深めました。

芦屋グルメウォーク

 「食文化を通して芦屋町を知ろう」と町内のさまざまなお店を巡り、ご当地グルメを食べ歩きました。
 地元芦屋町の子どもたちにとっても、行ったことのなかったお店、食べたことのなかったものがたくさんあり、子どもたちはお店の人にたくさん質問をしていました。
 お店の歴史や商品のつくり方を教えていただいたり、自分の足で町内を歩き回ったりしたことで、地域の人とも交流することができました。

グルメウォーク1グルメウォーク2

子どもサミット

 両市町の「概要・歴史」「釜と伝統・文化財」「見どころ・いいところ」について3つのテーマで班ごとに発表、紹介しあいました。
 芦屋町の子どもたちがもっとも関心を持ったのは、「田中正造」や「藤原秀郷」などの佐野市の偉人についてでした。
 また、「読書~1冊の本から~」というテーマでディスカッションを行いました。身近な話題に活発な意見交換が行われ、各々に自己表現ができました。

子どもサミット1子どもサミット2

海での活動

 芦屋海水浴場で、カヌー教室、水難救助訓練、浜辺レクリエーションの3つの体験活動を行いました。
 カヌー教室では、始めて乗るカヌーに四苦八苦しながらも思い切り海を楽しむことができました。また、水難救助訓練ではロープを使った救助方法を学び、浜辺レクリエーションでは友だちとの交流を深めました。
 海から遠いところに住む佐野市の子どもたちも、海が身近な芦屋町の子どもたちも、よい思い出づくりができました。

海での活動1海での活動2

鋳物印かんづくり

 芦屋釜の里で鋳物師の指導のもと、オリジナルの鋳物印かんづくりを行いました。
 鋳型は、自分で考えたデザインを彫って事前に準備をしました。その型に、溶かした錫(すず)を流し込み、世界にたったひとつの印かんをつくることができました。
 子どもたちは溶かした錫の重たさに驚いたり、自分でつくったことに感激したりしていました。

鋳物印かんづくり1鋳物印かんづくり2

関連ファイル

 ※事業報告を添付しますので、ぜひご覧ください。

栃木県佐野市との青少年交流2015報告書[PDFファイル/3.6MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


あしやハンズ・オン・キッズ
栃木県佐野市との青少年交流
チャレンジキャンプ

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?