ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 企画政策課 > 令和4年就業構造基本調査を実施します

本文

令和4年就業構造基本調査を実施します

記事ID:0022208 更新日:2022年8月19日更新

 総務省統計局(福岡県・芦屋町)では、10月1日現在で「就業構造基本調査」を行います。この調査は、国民のふだんの就業・不就業の状態を詳細に把握することにより、雇用政策を始め、経済政策などに必要な基礎資料を得ることを目的としています。

調査の地域と対象

 調査の地域は、総務大臣が指定しており芦屋町内では、「中ノ浜1番、中ノ浜2番,中ノ浜3番」、「大字芦屋大城の一部」「江川台20番(オアシス芦屋)」が対象となっています。
 これら地域において、調査区の居住の状況等を把握する準備調査を行なった後、一定のルールに従って抽出された約45世帯(各調査区約15世帯)が対象となります。​

調査の時期・方法

〔準備調査〕 8月下旬~9月中旬
 県知事が任命した調査員が、調査地域の全世帯へ「準備調査用リーフレット」を配布します。

〔実地調査(調査票配布)〕 9月下旬
 ​準備調査を行なった地域内で、調査員が調査対象に選ばれた世帯を訪問し、調査書類を配布します。

〔実地調査(調査票回収)〕 10月中旬~下旬
​ 調査対象に選ばれた世帯は、インターネット、郵送または調査員に提出する方法で回答します。

調査員について

 統計調査員は、福岡県知事により交付された写真つきの調査員証を必ず携帯しています。

かたり調査にご注意ください

  • 金銭を要求することや銀行口座、クレジットカード番号をお聞きすることはありません。
  • 政府の統計調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メールなどにご注意ください。

個人情報の保護

  • 調査により集められた調査票の記入内容は、「統計法」によって厳重に保護されます。
  • ​統計調査員をはじめとする調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計を作成・分析する目的以外に調査票を使用することは絶対にありません。

 これらの行為は、「統計法」により固く禁じられていますので、安心してありのままをご回答くださるようお願いします。 

  令和4年就業構造基本調査キャンペーンサイト(総務省統計局)<外部リンク>


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?