ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 福祉課 > 老人憩の家の今後のあり方に関する住民及び利用者アンケート結果

本文

老人憩の家の今後のあり方に関する住民及び利用者アンケート結果

記事ID:0013127 更新日:2020年7月17日更新

 町では、老朽化が進んでいる「老人憩の家」の今後のあり方の見直しを進めており、その一環として、住民の皆さん、利用者の皆さんの意見をうかがうために、アンケート調査を実施しました。
 このアンケート調査の結果について、以下のとおり取りまとめましたので公表します。この調査結果は、「老人憩の家」の今後のあり方を見直していく上での重要な資料となります。

住民アンケートの概要

調査期間

令和2年3月11日から27日

調査対象

芦屋町の住民基本台帳に登録されている20歳以上の人(令和2年1月1日時点)

調査方法

対象者のうちコンピューターで無作為に抽出した1,500人に対し、郵送による調査票配布・回収

有効回答数(率)

620/1,500(41.3%)

利用者アンケートの概要

調査期間

令和2年5月1日から22日

調査対象

老人憩の家利用者名簿に登録されている人

調査方法

対象者全員(221人)に対し、郵送による調査票配布・回収

(老人憩の家の指定管理者(社会福祉法人芦屋町社会福祉協議会)と共同実施)

有効回答数(率)

155/221(70.1%)

アンケート調査結果

住民及び利用者アンケート調査結果

アンケート結果報告書 [PDFファイル/810KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?