ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 芦屋町役場 > 住民課 > ワクチン接種会場でのマイナンバーカードの申請受付について

本文

ワクチン接種会場でのマイナンバーカードの申請受付について

記事ID:0018672 更新日:2022年6月22日更新

 マイナンバーカードを基盤としたデジタル化社会の構築のため、国は令和4年度末までにほぼ全国民がマイナンバーカードを所持することを目標にしています。
 今回、マイナンバーカード普及促進の一環として、新型コロナワクチン接種会場である総合体育館において、職員が顔写真を撮影し、マイナンバーカードの申請を受け付けます。簡単に申請できますので、ぜひ、この機会をご利用ください。

 ※当日は申請のみです。1~2カ月後、役場までマイナンバーカードを受け取りに来ていただく
  必要があります。

 ※新型コロナウイルス感染状況などにより休止する場合もあります。その際はホームページにて
  お知らせします。

日程

    令和4年7月24日(日曜日)、7月30日(土曜日)、7月31日(日曜日)

      令和4年8月24日(水曜日)~ 令和4年8月31日(水曜日)

      ・時間は、ワクチン接種時間と一緒です。ワクチン接種を予約していない方で、マイナンバーカード
     の申請を希望される方は事前にお問い合わせください。

場所

   芦屋町総合体育館

対象者

  ・芦屋町内に住所(住民登録)のある方

  ・申請日から3カ月以内に芦屋町外へ転出予定のない方

    ※申請者本人(15歳未満の方は親権者とともに)が来場している必要があります。

    ※当日、ワクチン接種の予約をしていない方もマイナンバーカードの申請はできます。

申請に必要なもの

  ・個人番号カード交付申請書
   (お持ちの方のみ。無い場合は、役場で用意します。無い場合、事前にお電話いただけると、当日の
    申請時間を短縮できます。)

  ・新型コロナウイルスワクチン接種券
   (無い場合は、運転免許証などの住所・名前を確認できるものを持ってきてください)

マイナンバーカードには以下のようなメリットがあります!

  ・本人確認書類として使用できます。

  ・手続き等でマイナンバーの提示が必要な際にマイナンバーカード一枚で済みます。

  ・事前に申し込みをすれば健康保険証としても利用できます。本人の同意のもと服薬履歴や
   特定健診の情報を医師と共有でき、より適切な医療が受けられたり、お薬手帳を
   持ち歩く必要がなくなります。

  ・仕事などで平日昼間に市町村窓口に行けない場合でも、コンビニで夜間や土日に住民票
   などを取得できます。

  ・確定申告などの行政手続がオンラインでできようになります。

マイナポイント第2弾が開始されました!

  マイナンバーカードを作って、マイナポイントの申し込みをすると、最大20,000円分のポイントが
 もらえます!

  ・対象の電子マネーカード等で、チャージもしくはお買い物をした人…最大5,000円相当のポイント
   (マイナポイント第1弾に申し込んでいない人、マイナポイント第1弾に申し込んだ人で
            最大5,000円分までのポイントの付与を受けていない人も対象です。)
  
  ・健康保険証としての利用申し込みをした人…7,500円相当のポイント
  
  ・公金受取口座の登録をした人…7,500円相当のポイント


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?