ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
山鹿小学校

本文

沿革史

記事ID:0002149 更新日:2020年3月30日更新

山鹿小学校の歴史(1)

明治6年 山鹿三軒屋に仮校舎を新設「鹿門こう舎」と称す。  
8年 「山鹿小学校」と改称  
15年 山鹿字浦へ校舎新築移転 校舎72坪  
19年 小学校令により「山鹿尋常小学校」と改称

(児童数)

37年 「浜運動会」始まる

563人

39年 村立を解き、「芦屋町立山鹿尋常小学校」となる

588人

大正12年 福岡県から「旌表旗」を受領する

537人

昭和11年 校歌制定さる

384人

16年 国民学校令公布により「山鹿国民学校」と改称

375人

22年 学制改革により「山鹿小学校」と改称 後援会結成

438人

23年 山鹿小学校父母教師会結成

464人

24年 県教育委員会から「新教育研究」論文表彰を受ける

455人

25年 学校給食(脱脂粉乳ミルク)を始める

475人

32年 教育優秀校として県教育委員会から表彰を受ける

641人

38年 創立90周年記念式典を挙行する

441人

39年 特殊学級「むつみ」を新設 校区は町内全域

323人

40年

特殊学級「のぞみ」を増設

388人

46年 防音校舎を現在地 大字山鹿2853番地に新築移転

327人

48年 創立百周年記念式典挙行

333人

53年 25メートルプールを体育館北側に新築移転

396人

歴史(2)

昭和57年

山鹿小学校後援会解散
記念として日時計を玄関に新設

432人
58年 放送室移転 共聴システム完成 395人
平成  元年

県社会福祉協議会から社会福祉協力校指定(3か年間)
運動場周囲桜植樹28本

397人
2年 特殊学級休級 396人

3年

4年

学校給食 学校・家庭・地域の連携推進事業中間報告
同 研究発表会を開催

377人

356人

5年

飼育舎新築移転 プール改修工事完了

346人
8年 体育館渡り廊下雨よけガラス天板設置 287人
9年 町教育委員会研究指定・委嘱 研究発表会開催 262人
13年 コンピュータ室整備 250人
14年

特別支援学級「ひまわり」開設
県及び町より「学力向上フロンティアスクール」の研究指定
・委嘱を受ける
放送機器取替 校内インタフォン設置完了

283人
15年 「学力向上フロンティアスクール」二年次中間報告会 315人
16年 「学力向上フロンティアスクール」三年次研究発表会 359人
17年 児童数増加によりプレハブ4教室増設 391人
18年

町教育委員会より3か年間の研究指定・委嘱を受ける
県小学校児童画展において毎日新聞社賞受賞

436人
19年

プレハブ2教室増設

ビオトープ「生き物ランド」完成竣工式

450人
20年

福岡県移動教育委員会訪問
町研究指定・委嘱研究発表会実施
「読解力を高める国語科授業の創造」
県小学校児童画展において博多大丸賞受賞
特別支援学級「ひまわり」休級

458人

21年

県小学校児童画展において毎日小学生新聞賞受賞
福岡県教育センター調査研究協力校
「教員の情報モラル指導力を高める研修の在り方」

476人

22年

TV地上デジタル化完了 コンピュータ室機器取替完了
特別支援学級「ひまわり」再開
遠賀郡学校給食研究協議会(研究発表会)開催
福岡県教育力向上県民運動優秀校として県知事より表彰

469人

23年

平成23・24・25年度
芦屋町教育委員会研究指定・委嘱を受ける

468人

24年 耐震補強工事完了

439人