ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
山鹿小学校

本文

終業式

記事ID:0019990 更新日:2021年12月24日更新

2学期終業式

 12月24日金曜日、山鹿小学校2学期終業式が行われました。2学期大きなケガや事故もなく、無事にこの日を迎えることができました。見守ってくださった多くの方々にお礼を申し上げます。式の中の校長の挨拶では、2学期のがんばりを「基礎学力の向上」、「考える力の向上」、「友だちと協力して活動する力の向上」の3点について話しました。そして、友だちとの関係をよくするために「悩みがあれば誰かに相談する」、「友だちが悩んでいたら声をかける」ように、みんなで楽しい山鹿小学校にしようと話しました。式の後、なのはな学級、ひまわり学級で介助員として働かれていました吉田小百合先生が、転居のためお別れとなり、全校児童に挨拶をしました。子ども達も悲しそうでしたが、お別れの言葉と花束を贈りました。吉田先生ありがとうございました。新天地でのご活躍を祈念します。

校長挨拶 お別れ

 終業式の後は、「委員会からの反省」で、全委員会の副委員長が代表で2学期の取組の成果を報告しました。どの代表も長いセリフをしっかり覚えていて、全校児童の前で堂々と発表しました。さすが憧れモデルとしての役割を十分に果たしました。この委員会活動のお陰で、山鹿小学校がいい学校・楽しい学校になれたと思います。ちなみに、本日は欠席0でした。終わりよければすべてよしですね。

 来年は、2022年・令和4年の寅年です。山鹿小学校の全児童が素晴らしい年を迎えられますように願っています。