ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
山鹿小学校

本文

2学期スタート

記事ID:0019064 更新日:2021年9月22日更新

2学期スタート

校長あいさつ 

 8月25日(水曜日)2学期の始業式を行いました。緊急事態宣言中ということで、Zoomによるリモートでの開式となりました。私の話では、2学期も「楽しい山鹿小学校」を目指すことを伝え、山鹿小学校みんなの合い言葉である「自立」(じぶんで)、「協働」(みんなで)、「挑戦」(やるきで)、「礼儀」(思いやり)を一人ひとりが積極的に心がけて、「自分が楽しめるようにがんばることが大切」と強調しました。加えて「いじめはゆるさない」、「人の話をしっかり聞く・自分の意見をはっきり話す」、「思いきり遊ぶ」ことをがんばるように伝えました。このことは1学期の初めにも話したことですが、児童集会や他の学校行事でも繰り返し伝えています。繰り返して話すことで多くの子ども達に伝わると信じて継続していこうと考えています。

 各学級での子ども達は、最初おとなしい感じでしたが、しばらくすると元気な声が教室から漏れ聞こえ、久しぶりに校舎内が活気づきました。放課後、多くの担任の先生が「いつもより集中してがんばる姿が見られました。」と子どもの様子を嬉しそうに伝えてくれました。緊急事態宣言の中、しばらくは給食後下校や学習活動の制限を厳しくする必要がありますが、感染予防しながら楽しい学校を目指していきます。保護者の皆さん、地域の皆さん、2学期もどうぞよろしくお願いいたします。