ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
山鹿小学校

本文

お弁当のお手紙

記事ID:0014660 更新日:2020年11月5日更新

地域のお年寄りのみなさんにお手紙を書こう

 11月5日、芦屋町のボランティアグループ「八朔の会」の方がお見えになり、4年生の子ども達に地域のおじいちゃんやおばあちゃんにお手紙を書くお願いをされました。この取組は、毎年4年生が福祉に関する総合の学習の一環で行っています。

八朔の会の説明 

「八朔の会」は、37年間も続いているボランティアグループで、毎週3回地域のお年寄りにお弁当を配付する活動を行っています。そのお弁当に子ども達のお手紙を添えることで、更に元気になってもらうことを目的としています。子ども達は、自分のことや学校での出来事を自分のおじいちゃんやおばあちゃんに話すようにお手紙を書きます。子ども達も、地域のお年寄りのみなさんが元気になる手助けをさせてもらい、気持ちが温かくなります。このような取組がこれからも続くことを願っています。