ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
山鹿小学校
山鹿小学校トップページ > おたより > 学校からのお知らせ > コロナウイルス感染拡大防止のための新たな学校生活

本文

コロナウイルス感染拡大防止のための新たな学校生活

記事ID:0012127 更新日:2020年5月27日更新

安心して学校に登校させてください

 6月1日(月曜日)から、芦屋町全小中学校では、全児童生徒が一斉に学校に登校します。

 新型コロナウイルス感染が怖くて、子どもを学校に行かせることが心配な保護者の方もおられるはずです。しかし、学校ではこれまで、全児童が学校に登校して学校生活が送れるよう、3密を避ける取組を準備しています。

○ 教室内の机の位置は1m以上開けています。
 子どもたちは、授業中、前を向いて先生との学習のやりとりを楽しみます。グループで話し合う学習活動は、当分の間は行いません。発表も大きな声ではしません。教室内は常に窓を大きく開け、換気を心がけます。

○ 体育や音楽では、接触する運動やひっついての合唱・合奏を行いません。
 全員でおもいきり合唱や合奏を楽しむ時は、体育館や広い教室、外(体育館裏の野外給食場など)などを利用して活動します。

○ 手洗い、うがいを徹底し、児童下校後はよく使う場所を、毎日全職員で消毒します。
 手洗いの時など、並ぶ時に密にならないように待機線を引き、1mから2m間隔を開けるように習慣づけます。

○ 給食では飛沫感染を防ぐ行動をさせます。
 自分の食器は、自分で配膳して、人との接触を制限します。食べるときも前を向き、静かに食べます。

 このほかにも、休み時間の友達との接し方や人の物を触らないなどの新しい生活習慣を指導していきます。