ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 妊娠・出産・子育て > 子育て > 子育て総合サイト > 子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

本文

子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

記事ID:0018022 更新日:2021年7月20日更新

子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活支援を行う観点から、生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)を支給します。

なお、支給には要件があります。

「子育て世帯生活支援特別給付金のご案内(一般向け)」(チラシ) [PDFファイル/215KB]

対象者

1.次の(1)、(2)の両方に当てはまる人

(1)令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(障がい児の場合、20歳未満の児童)を養育する父母等

 ※令和4年2月末までに生まれた新生児等も対象になります。

(2)令和3年度住民税が非課税の人、または、令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった人

給付額

児童1人あたり一律5万円

申請手続き

この給付金は、住民税非課税の要件があります。住民税の申告を行っていない人、収入がなかったため申告をしていない人は申告をしてください。未申告の場合は給付金の支給ができません。

(1)令和3年4月分の児童手当、特別児童扶養手当の受給者で住民税非課税の人

申請は不要です。

支給対象となる人へは「事前通知書」を令和3年7月上旬に送付します。

令和3年7月末頃から、児童手当・特別児童扶養手当の受取り用として登録されている口座に振り込みます。

※給付金の受取りを希望しない場合は、「受給拒否の届出書 [PDFファイル/104KB]」を提出してください。また、各手当で指定している口座を解約している場合などで、給付金の受取りができない場合は、「支給口座登録等の届出書 [PDFファイル/122KB]」を提出してください。

(2)令和3年5月分以降の新規児童手当、新規特別児童扶養手当受給者で住民税非課税の人

申請は不要です。

出生届の手続き時等に給付金についてお知らせします。支給対象となる人へは、児童手当・特別児童扶養手当の受取り用として登録されている口座に、順次、振り込みます。

(3)高校生のみを養育している人で住民税非課税の人

高校生のみを養育し、上記(1)(2)に該当しない人は、給付申請が必要です(郵送可)。

「子育て世帯生活支援特別給付金のご案内(高校生のみを養育されている世帯の方へ)」(チラシ) [PDFファイル/849KB]

【申請書類】

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書) [PDFファイル/241KB]

  ・申請書記入例・記入要領 [PDFファイル/317KB]

●振込先の金融機関、支店名、口座番号、名義人がわかる書類(通帳等)のコピー

●本人確認書類のコピー

  (例)運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、パスポートなど

●対象児童との関係性を確認できる書類のコピー

  (例)戸籍謄本、住民票等 ※芦屋町内で同居する子の場合は添付不要です。

【申請期間】

  令和3年7月19日から令和4年2月28日

(4)令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民非課税相当の収入となった人(家計急変)

(1)(2)(3)に該当する児童を養育している人で、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し、令和3年1月1日以降の収入が住民税非課税相当となった人は、給付申請が必要です(郵送可)。

非課税(相当)限度額は以下のとおりです。

 
世帯の人数 非課税相当収入限度額 非課税相当所得限度額
2人 146.9万円 91.9万円
3人 187.7万円 123.4万円
4人 232.7万円 154.9万円
5人 277.7万円 186.4万円
6人 322.7万円 217.9万円

※限度額の判定は、児童手当の受給者がどちらかにかかわらず、父母ともの収入・所得の状況を申し立てていただき、所得の高い方を主たる生計維持者として判定します。

【申請書類】

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書) [PDFファイル/241KB]

  ・申請書記入例・記入要領 [PDFファイル/317KB]

●振込先の金融機関、支店名、口座番号、名義人がわかる書類(通帳等)のコピー

●本人確認書類のコピー

  (例)運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、パスポートなど

●対象児童との関係性を確認できる書類のコピー

  (例)戸籍謄本、住民票等 ※芦屋町内で同居する子の場合は添付不要です。

簡易な収入見込額の申立書【家計急変者】(ひとり親世帯以外用) [PDFファイル/394KB]

  ・収入見込額申立書記入例・記入要領 [PDFファイル/491KB]

簡易な所得見込額の申立書【家計急変者】(ひとり親世帯以外用) [PDFファイル/574KB]

  ・所得見込額申立書記入例・記入要領 [PDFファイル/671KB]

 ※「簡易な所得見込額の申立書」は「簡易な収入見込額の申立書」の要件を満たさない場合に記入してください。

 ※収入・所得の申し立ては、父母とも必要です。また確認のための資料としてそれぞれの給与明細書等の写しが必要になります。

【申請期間】

  令和3年7月19日から令和4年2月28日

申請・問合せ先

〒807-0198 福岡県遠賀郡芦屋町幸町2番20号

芦屋町役場「子育て世帯生活支援特別給付金」窓口(健康・こども課子育て支援係)

関連リンク

厚生労働省ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?