ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康・医療 > 一定の高齢者等へ自費でのPCR検査の一部助成を行っています

本文

一定の高齢者等へ自費でのPCR検査の一部助成を行っています

記事ID:0015168 更新日:2021年1月1日更新

 新型コロナウイルス感染拡大や重症化を防止する観点から、本人の希望により、一定の高齢者等が自費でPCR検査を受ける場合、検査費用の一部助成を行っています。​

対象者

​芦屋町に住民票があり、自覚症状がなく、本人が希望している人のうち、アまたはイのいずれかに該当する人
ア 65歳以上の人
イ 60歳から65歳未満の人で心臓、腎臓または呼吸機能に基礎疾患を有し、身体障害者手帳1級の交付を受けている人またはそれに相当する障がいと医師が認める人

※イの方で、身体障害者手帳1級に相当する障がいに該当する人は、医師に記載してもらう証明書をお渡ししますので、健康づくり係までお越しください。

検査方法

PCR検査

実施期間

1月4日(月曜日)から3月31日(水曜日)

検査回数

一人1回

検査費用

27,500円

このうち2万円助成あり、自己負担額7,500円です。

実施場所

遠賀中間地域の助成検査実施医療機関

申し込み

検査を希望される人は、健康づくり係(Tel223-3533)へ電話にてお申し込みください。

PCR検査について

 PCR検査の陽性率(新型コロナウイルスに感染している人を調べたときに陽性が出る確率)は60~70%程度と言われています。
 検査のため採取した検体(鼻や喉などのぬぐい液や痰、唾液など)にウイルスがいない場合やウイルスを見つけることができるPCR検査の検出限界のウイルス量よりも少ない量のウイルスしか検体に含まれていない場合は、どんなに精度の高いPCR検査を行ったとしても陰性という結果になります。
 1回の検査結果が陰性であっても、絶対に新型コロナウイルス感染症に感染していないという意味ではありません。


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?