ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康・医療 > ロタウイルス感染症予防接種が小児の定期予防接種になりました

本文

ロタウイルス感染症予防接種が小児の定期予防接種になりました

記事ID:0013622 更新日:2020年10月1日更新

ロタウイルスによる胃腸炎予防のための予防接種が、令和2年10月1日から新たに定期予防接種になりました。「個人負担」無しで接種できます。

定期予防接種対象者

令和2年8月1日以降生まれの児

ロタウイルス感染症予防接種

ロタウイルス感染症予防接種は2種類あり、どちらも同様の効果があります。同一の製剤で接種(経口)を完了することが原則です。

ロタウイルス感染症予防接種
種類 ロタリックス®(1価) ロタテック®(5価)
初回接種 出生6週0日後から出生14週6日後までに接種をします。これを過ぎても接種は可能ですが、腸重積のリスクが高まるためお勧めはしません
接種期間 出生6週0日後から出生24週0日後まで 出生6週0日後から出生32週0日後まで
接種回数 2回 3回
接種間隔

各回27日以上あける

 

接種実施医療機関

【町内の医療機関】
須子医院(ロタテック)  Tel 223-0126
花美坂クリニック(ロタリックス、ロタテック)  Tel 223-2500
※ロタウイルス感染症予防接種を行っている町外の福岡県予防接種広域化実施医療機関でも接種できます。福岡県予防接種広域化実施医療機関以外で接種する場合は、事前に健康づくり係にお問い合わせください。

接種時の注意点

  1. 医療機関に事前に予約してください。
  2. 母子健康手帳を持っていってください。
  3. お子さんの日ごろの状態を知る保護者が連れていってください。
  4. 保護者以外の人が同伴するときは、委任状が必要です。

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?