ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・ボランティア > 生涯学習 >   > 令和5年度あしやハンズ・オン・キッズ第5回研修「おもしろ科学」の活動を報告します

本文

令和5年度あしやハンズ・オン・キッズ第5回研修「おもしろ科学」の活動を報告します

記事ID:0030735 更新日:2023年10月1日更新

令和5年9月30日の第5回研修は、北九州市科学館スペースLABOで「おもしろ科学」を行いました。

活動内容

プラネラリウム鑑賞

はじめに、スペースLABOの解説員による星空生解説がありました。北九州市から見えるその日の星空や宇宙のお話があり、国内最大級のプラネタリウムで美しい星空を満喫しました。次に、花火のお話「ハナビリウム」を鑑賞しました。本来であれば花火師しか見ることのできない真下からの迫力ある実写映像に釘付けになる研修生たち。花火の知識を学びながら、万華鏡のように夜空を彩る迫力ある実写映像を体感することができました。

宇宙に関する資料を見ている写真ですプラネタリウム上映前の座席の様子です

展示室見学

館内には、「宇宙・北九州市と科学・不思議な科学現象」をテーマにした展示室があり、月の石やアポロ司令船などの貴重な資料を見たり、不思議な科学現象を観察したり、体験的に学ぶことができました。中でも竜巻の実験装置は興味深く見学していました。最先端の科学技術に触れることで、研修生たちの知的好奇心を刺激し、科学への探求心を養うことができました。

竜巻に似た空気の渦を観察している写真です磁石を使って発電体験をしている写真です

研修生の感想

  • 花火には名前がついていて、色や形が違うと分かりました。花火を見る時は、形や色をよく見てみたいです。(山鹿小学校 4年生)
  • 花火の歴史を知ることができたので良かったです。竜巻を発生させることができるということを知りました。(芦屋小学校 5年生)
  • 光の反射はいろいろな形があると実感しました。砂鉄は磁石を動かすと一緒についていくんだなと思いました。(芦屋東小学校 4年生)
  • 救急車の音が近づいた時に、音が高く聞こえることをドップラー効果と言うそうです。知らないことをたくさん知れておもしろかったです。(芦屋東小学校 6年生)

あしやハンズ・オン・キッズ
栃木県佐野市との青少年交流
チャレンジキャンプ

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?