ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム >   > あしやハンズ・オン・キッズ2019 第2回研修「スポーツ大会」

本文

あしやハンズ・オン・キッズ2019 第2回研修「スポーツ大会」

記事ID:0002401 更新日:2019年8月19日更新

 令和元年6月25日の第2回研修は、九州共立大学スポーツ学部のみなさんを講師に招き「スポーツ大会」を行いました。

 まずはじめに、スポーツ大会を楽しむために、フェアプレー宣言をしました。フェアプレー宣言とは、「ルールを守る・感謝をする・全力でチャレンジする・仲間を信じる・思いやりを持つ」ことです。研修生たちはフェアプレーを意識し、スポーツ大会にのぞみました。

 午前の部では、線の上しか走れない「線鬼ごっこ」や、ボールや風船を使った「対抗リレー」を行いました。研修生たちはルールをしっかり聞き、どうすれば上手くいくか、作戦を考え、話合いながら取り組んでいました。全力でチャレンジした結果は、研修生の行動で伝わってきました。競技に勝てば大喜び、負ければ思いっきり悔しがる姿だけではなく、次こそは頑張ろうという前向きな声が飛び交っていました。

 午後の部でも、研修生は元気いっぱい!腰につけたタグを取り合う「タグ取り」や、チーム内で1人王様を決めて王様にボールを当てたら勝ちの「王様ドッチボール」、「大縄とび」を行いました。中でも盛り上がったのは、王様ドッチボールでした。互いに王様が誰だかわからない状況で、相手チームにバレないように演技をしたり、王様を影で守ったりとチーム一丸となり取り組んでいる姿はとても微笑ましかったです。

 この研修は九州共立大学スポーツ学部のみなさんが、研修生の絆をスポーツの力で深めようと企画してくれました。研修生たちは、スポーツ大会を通してさらに深まった絆と、大学生のみなさんの想いを胸に、今後もスポーツをする時はもちろん、普段の生活でもフェアプレー宣言を活かしてほしいと思います。

活動写真

線鬼ごっこの画像心あたたまる応援の画像
         線鬼ごっこ               心あたたまる応援♪

ボールパスリレーの画像背中でボール運びリレーの画像
      ボールパスリレー              背中でボール運びリレー

風船運びリレーの画像タグ取りの画像
        風船運びリレー                タグ取り

王様ドッチボールの画像大縄とびの画像
      王様ドッチボール                 大縄とび

研修生の感想

 大縄とびはできないと思っていたけど、ちゃんと縄をとべたので嬉しかったです。学んだことは、応援することです。競技をやっている時、応援されて嬉しかったからです。(山鹿小学校6年生 男子)

 私は、スポーツが苦手だったけど、今日はちょこっと走ることが好きになりました。ドッチボールを投げるのを練習して上手になりたい。(芦屋小学校4年生 女子)

 スポーツ大会で学んだことは、スポーツのおもしろさです。みんなでやると、いつもよりおもしろかったから、またみんなでスポーツをしたいです。(芦屋東小学校4年 男子)

 いろいろなチームとスポーツができて、仲良くなれました。次はもっといろいろな人と交流できたらいいです。(山鹿小学校4年 女子) 


あしやハンズ・オン・キッズ
栃木県佐野市との青少年交流
チャレンジキャンプ

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?