ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・ボランティア > 生涯学習 >   > あしやハンズ・オン・キッズ2021 第2回研修「まち美化」活動報告

本文

あしやハンズ・オン・キッズ2021 第2回研修「まち美化」活動報告

記事ID:0018247 更新日:2021年8月16日更新

 令和3年7月17日の第2回研修「まち美化」は、芦屋町の「海」をテーマに、北九州市環境ミュージアムより講師を招き、環境学習を行いました。また、午後からはグリーンパークへ行き、アスレチックゲームにチャレンジしました。

活動内容

海岸清掃

 海のゴミ問題の現状を知るため、芦屋海水浴場へ行き海岸清掃を行いました。海岸には、来遊客が残していったゴミや、海に流れ出たゴミが漂着していました。研修生たちは、燃えるゴミと燃えないゴミに分別しながら、黙々とゴミを拾い集めました。自分たちの手でキレイになった海岸を見て喜びと達成感を味わうことができ、気持ちよく海岸を後にしました。

海岸清掃写真1海岸清掃写真2

環境学習

 「海の豊かさを守ろう!」をテーマに、プラスチックゴミ問題について学びました。プラスチックの良い点、悪い点を考え、どうプラスチックと付き合っていくか、私たちにできることは何かを考えました。今後は、環境学習で学んだことを活かして、私たち一人ひとりが毎日の暮らしの中でプラスチックゴミを減らす取り組みをしてほしいと思います。

環境学習講師写真環境学習写真2

エコクラフト

 シーグラスを使ってキャンドルフォルダーづくりにチャレンジしました。シーグラスは、海などに落ちているガラスの破片で、長い間波に揉まれて角が取れて曇りガラスの様な状態になった物です。研修生たちの想像力はとても豊かで、同じ材料と作り方でも全く違う個性豊かな作品に仕上がっていました。考え、工夫することでゴミの減量化に繋がることを学べました。

エコクラフト写真1エコクラフト写真2

アスレチックゲーム

 グリーンパークでアスレチックゲームにチャレンジしました。アスレチックごとに課題を設けて、班全員でクリアを目指します。壁を登ったり、渡ったり、ターザンなどにチャレンジしました。中でも、ペットボトルを頭に乗せて丸太を渡るのは、難易度が高かったようで、何度もチャレンジする姿が見られました。仲間の応援や手助けでクリアできると歓声があがり、班の仲も深まったように思います。

丸太渡り写真壁渡り写真

研修生の感想

・海岸清掃中に「ありがとう」という言葉を海に入っている人から言われました。キレイにするとみんなが気持ちよくなると分かりました。(山鹿小学校4年 女子)
・プラスチックの良い点や悪い点を知りました。これからは、プラスチックを良い使い方で使っていこうと思います。(芦屋東小学校5年 女子)
・海のゴミなどで物がつくれると知りました。こういうエコクラフトでもゴミが減らせると知りました。(山鹿小学校5年 男子)
・アスレチックゲームでは、みんなと協力できてとても仲良くなれた感じがします。アミーゴでは、まだしゃべった事のない友だちとしゃべったり、遊んだりできたので嬉しかったです。(小学校4年 男子)

 


あしやハンズ・オン・キッズ
栃木県佐野市との青少年交流
チャレンジキャンプ

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?