ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 芦屋町議会 > 令和3年 議長年頭のあいさつ

本文

令和3年 議長年頭のあいさつ

記事ID:0015221 更新日:2021年1月1日更新

芦屋町議会議長 横尾 武志
       議長 横尾 武志

 新年明けましておめでとうございます。
 日頃から町議会に対し、ご理解、ご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、昨年は年初から発生した新型コロナウイルス感染症の影響で、東京オリンピック・パラリンピックをはじめとする様々なイベントが中止や延期を余儀なくされ、また、感染防止のための外出自粛やマスク着用、ソーシャルディスタンスの徹底、リモートワーク・リモート授業など、日常生活の過ごし方も大きく変化しました。
 7月には、熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で集中豪雨が発生し、自然災害による甚大な被害も発生しました。
 地方自治体は今、ウイルスとの共存に向けた新たな日常や新しい生活スタイルへの移行・定着、また自然災害への対応など、それぞれの地域の実情に合わせた持続可能な社会の構築が必要とされています。
 芦屋町議会としましても、町勢発展と住民福祉の充実のため、議員一丸となって取り組んでまいりますので、今後とも皆さまの一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 皆さまにとって穏やかで幸せな一年となりますよう、ご祈念申し上げまして年頭のご挨拶といたします。

                                  芦屋町議会議長 横 尾 武 志


議会の広報・広聴

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?