ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 芦屋町議会 > 議会における新型コロナウイルス感染症対策

本文

議会における新型コロナウイルス感染症対策

記事ID:0011731 更新日:2020年5月12日更新

議会における新型コロナウイルス感染症対策

 新型コロナウイルス感染症対策として、5月臨時会及び6月定例会では以下の内容に取り組みます。
 皆さんのご理解とご協力をお願いします。

取り組み内容

1.一般質問は取りやめます

 議員間の申し合わせにより、一般質問は行いません。

2.本会議や委員会の傍聴は行いません

 3密(密閉・密集・密接)を避けるため、本会議や委員会の傍聴は行いません。

3.会議時間の短縮や時差開催を行います

 行政報告や議案朗読の省略により、会議時間の短縮を行います。
 また、6月定例会では、委員会室での長時間に及ぶ3密(密閉・密集・密接)を避けるため、
午前と午後に時間をずらして、各委員会の審査を行います。

4.議員・執行部はマスク着用し発言します

 議場や委員会室ではマスクを着用して発言します。

5.その他

 会議前日に議場及び委員会を消毒し、議会棟の入口、トイレ付近に手指消毒液を設置します。
 また、適宜、換気を行い、咳エチケットを励行します。


議会の広報・広聴

みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?