ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 高齢者・障がい者福祉 > 9月は認知症への理解を深める月間です

本文

9月は認知症への理解を深める月間です

記事ID:0023056 更新日:2022年9月14日更新

9月21日は、世界アルツハイマーデーです

 団塊の世代が75歳以上となる2025年(令和7年)には、高齢者の5人に1人が認知症(※)を発症すると言われており、認知症は誰もがなり得るものです。

 認知症になっても住み慣れた地域で「尊厳のある暮らし」ができるよう、9月21日の「世界アルツハイマーデー」に合わせて、さまざまなイベントを開催します。

 多くの人に、認知症について理解を深めていただく機会となることを期待しています。

 ※ 認知症とは、アルツハイマー病や脳梗塞などの様々な病気が原因で、記憶障害(もの忘れ)や判断力の低下が起こり、日常生活に支障が生じている状態を言います。認知症と診断された人は、症状の進行に対する「不安」、今後の生活への「悩み」、出来なくなったことへの「焦り」といった様々な感情を抱えながら日々を過ごされています。このため、周囲の方々との関係が損なわれることがありますが、周囲の方々が認知症について理解を深め、適切にサポートを行うことで、不安や悩みを一人で抱え込むことなく、地域社会とのつながりを持ち続けていくことができます。

芦屋町でのイベント

芦屋町図書館特集コーナー

 9月の芦屋町図書館特集コーナーは、認知症に関連する本を設置しています。ぜひ、ご覧ください。

特集コーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特集コーナー

芦屋町認知症普及啓発 映画上映会

 芦屋町では、認知症に対する正しい理解を深めるため、認知症ケアと介護職の魅力を描いた映画の上映会を行います。

とき ところ 定員

申し込み

問い合わせ

10月22日(土曜日)

9時30分から開場

10時開演(12時終了予定)

芦屋町中央公民館2階21会議室(芦屋町中ノ浜4番4号)

50人

(事前申し込み先着順)

芦屋町役場 福祉課 高齢者支援係

093-223-3536

令和4年度 芦屋町認知症普及啓発 映画上映会

福岡県内でのイベント

オレンジライトアップイベント

 認知症のシンボルカラーであるオレンジ色のライトアップ・イベントを行います。

 
とき ところ

9月21日(水曜日)から9月28日(水曜日)

※9月21日(水曜日)19時15分頃、旧福岡県公会堂貴賓館で点灯式を行います。

福岡タワー(福岡市早良区百道浜2丁目3-26)

※9月21日(水曜日)のみ

旧福岡県公会堂貴賓館(福岡市中央区西中洲6-29)

クローバープラザ(春日市原町3丁目1-7)

認知症オレンジフラワー展

 マリーゴールドやガーベラなどのオレンジ色の花を楽しみながら、認知症について学べるパネル展です。

とき ところ

9月20日(火曜日)から9月28日(水曜日)

9時から17時まで(初日は11時から15時まで)

福岡県庁1階ロビー(福岡市博多区東公園7番7号)

認知症当事者による講演会

 認知症の診断直後に不安を抱えている人や家族等に対して、先に診断を受けた認知症の人が不安を乗り越えて前向きに暮らす姿を発信します。

 事前申し込みは不要ですが、席に限りがありますので、ご了承ください。

とき ところ

9月21日(水曜日)

11時30分から(1時間程度)

福岡県庁1階ロビー(福岡市博多区東公園7番7号)

世界アルツハイマーデー記念講演会

 「忘れても あなたはあなたの ままでいい ~認知症になっても、安心して暮らせる社会を~」というテーマで、公益社団法人認知症の人と家族の会が主催となり、講演会を開催します。

 
講演 「認知症の治療と介護の最前線」
講師

川井 元晴氏

(脳神経筋センターよしずみ病院)

とき

11月13日(日曜日) 13時から16時まで(12時開場)

ところ JR博多シティ9階会議室(福岡市博多区中央街1-1)
定員 会場 50人
Zoom

60人

※オンライン参加の人には、前日までにID・パスワードを送ります。

参加費 無料
申し込み方法

11月5日までに、申込用紙またはメールで申し込んでください。

申込用紙は、役場福祉課高齢者支援係窓口にあります。

メール件名は、「アルツ後援会申し込み」としてください。

E-mail:info.fukuoka.alz@gmail.com


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?