ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症情報 > 《介護事業者等》新型コロナウイルス感染症対策給付金について

本文

《介護事業者等》新型コロナウイルス感染症対策給付金について

記事ID:0012201 更新日:2020年5月29日更新

 町では、自宅で高齢者や障がいのある人を介護をしている家族が、新型コロナウイルスに感染し入院等が必要となった場合に、残された介護が必要な高齢者や障がいのある人に対して、ホームヘルプサービスやショートステイサービスを提供する事業所等に対し、独自に必要な対策資金を給付する制度を設けました。

《介護事業者等》新型コロナウイルス感染症対策給付金

給付金の概要

介護施設・事業所や障害者福祉サービス事業所が、次の要件を満たすホームヘルプサービス、またはショートステイサービスの提供を行った場合、15万円の対策資金を給付します。

要件:
 芦屋町に住民登録があり、家族等による介護を必要としている在宅生活の高齢者または障がいのある人で、介護を行う家族等が新型コロナウイルスに感染して入院等が必要になり、自宅に残されることになった人に対して次のいずれかのサービス提供を行う場合

(1)緊急のショートステイサービス、またはホームヘルプサービスを提供する場合
(2)家族が新型コロナウイルスに感染する前から提供しているホームヘルプサービスを継続して提供する場合

給付金の申請方法

給付金の対象事業所の要件に当てはまる場合、福祉課高齢者支援係に電話でご相談ください。
申請書など、必要な書類をお送りします。


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?