ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症情報 > 体育施設の貸し出しを再開します

本文

体育施設の貸し出しを再開します

記事ID:0012088 更新日:2020年6月17日更新

芦屋町の各体育施設の状況に応じて必要な感染防止対策(スポーツ時以外のマスクの着用、消毒・換気の実施、人と人との十分な間隔(2m程度)の確保、開館時間の変更や入場及び利用人数、利用時間の制限、施設の一部利用制限など)を講じた上で開館いたします。
皆さまのご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
なお、今後の情勢により対応が変更になる場合があります。

利用再開内容

利用再開日

令和2年6月19日(金曜日)

対象施設

  • 総合体育館・コミュニティセンター(トレーニング室は除く)
  • 武道館
  • 小体育館
  • 弓道場
  • テニスコート
  • みどりの広場
  • 中央グラウンド
  • 大君グラウンド
  • 学校体育施設(体育館・グラウンド・ナイター)

    ※4月1日から継続して利用できる施設
      アッシーグラウンド、祗園崎運動広場

利用時間

  • 当面の間、午前9時から午後9時まで(従来は午前8時30分から午後10時まで)
  • 1団体あたり一日1時間まで利用できます。
    ※6月中は屋内外施設問わず1時間までとします。7月以降の対応は決まり次第お知らせします。

芦屋町体育施設(体育館など屋内)共通の衛生管理の取り組み

  1. 手指消毒液を体育施設各所に設置します。
  2. 貸出範囲、団体数を制限して、密集・密接しない環境をつくります。
  3. 開館時間の短縮を行います。(午前9時から午後9時まで、貸出し時間は最長1時間)
    ※清掃・消毒時間は利用時間(1時間)に含みません。
  4. 利用者の入れ替わりによる密集防止、利用後の体育用具の清掃を行うため、次の利用者との間を30分以上空けます。
  5. 新型コロナウイルスに感染した人が町内の体育施設利用していたことが判明した場合、保健所の指示のもと、この施設を利用していた団体代表者に対する情報提供やこの施設の消毒作業などを行います。
  6. 当面の間、団体団員内での活動にのみ貸し出しを認めます。2つ以上の団体での利用(大会、練習試合、行事、他団体との交流)や参加者の特定ができない講習会、研修会での利用はできません。
  7. 更衣室は使用中止とします。
  8. 接触頻度が多いスイッチはビニールシートで覆います。
  9. 管理人が常駐している施設では次の対策を行います。
  • 施設の職員はマスクを着けて業務します。
  • 受付窓口にビニールカーテン、ソーシャルディスタンスサイン(順番待ちの足形)を設置します。
    また、受付窓口での現金受け渡しはトレーを使用します。
  • 受付窓口で利用者が使用するボールペンは適時消毒します。
  • 受付窓口で受け渡しを行う貸出し備品は施設の職員にて適時消毒します。
  • 接触回数が多い場所の消毒を施設の職員にて定期的に行います。
  • 各部屋の扉は常時開放し、窓は天候や虫害を考慮して適時換気を行います。

芦屋町体育施設(グラウンドなど屋外)共通の衛生管理の取り組み

  1. 貸出範囲、団体数を制限して、密集・密接しない環境をつくります。
  2. 開館時間の短縮を行います。(午前9時から午後9時まで、貸出し時間は最長1時間)
    ※清掃・消毒時間は利用時間(1時間)に含みません。
  3. 利用者の入れ替わりによる密集防止、利用後の後片付けを行うため、次の利用者との間を30分以上空けます。
  4. 新型コロナウイルスに感染した人が町内の体育施設利用していたことが判明した場合、保健所の指示のもと、この施設を利用していた団体代表者に対する情報提供やこの施設の消毒作業などを行います。
  5. 当面の間、団体団員内での活動にのみ貸し出しを認めます。2つ以上の団体での利用(大会、練習試合、行事、他団体との交流)や参加者の特定ができない講習会、研修会での利用はできません。

体育施設利用者へ感染症対策のお願い

芦屋町の体育施設を利用するときは、各団体の代表者が「体育施設利用者への感染症対策チェックリスト」に記載されているルールを確認し、ルールを守ったうえで利用してください。チェックリストの項目すべてを満たすことができないときは、体育施設の利用を控えてください。
※セルフチェックリストです。施設利用前に団体団員内で確認してください。

体育施設利用者への感染症対策チェックリスト [PDFファイル/124KB]

施設別の利用再開に伴う感染症対策

総合体育館・コミュニティセンター

メインアリーナ、サブアリーナ

貸し出し範囲はバドミントンコートの広さを基準として、総合体育館メインアリーナは最大4団体(2・5コートは開ける)、サブアリーナは最大2団体(Bコートは開ける)まで利用可能とします。
ただし、バレーボールやバスケットボールなどを行うために、メインアリーナ全面または半面を貸切ることは可能です。

サークル室

研修会・講習会を行う場合は、受付時に、申請者に対して感染症対策を確認します。
(確認事項:利用人数、参加者のマスクの着用、参加者特定の有無など)

和室

団体団員内での活動にとどめ、三密(密閉・密集・密着)状態にならないように配慮して利用してください。

図書室

  1. 席数を減らします。(32席↠8席とする)
  2. 書籍は閲覧中止とします。(本棚にビニールシートをかけます)
  3. 利用受付時に氏名・緊急連絡先(携帯)の提供を求めます。
  4. 利用時間は1時間までとします。

トレーニング室

当面の間は、利用を中止します。
今後の対応が決まり次第、お知らせします。

ロビー・通路

  1. ロビーや廊下のイスとテーブルは一時撤去し、ロビーは体育用具(支柱・ネット・得点版など)置き場とします。
  2. ロビーのチラシの配架台は一時撤去します。

武道館

  1. 1団体のみの貸し切り利用とします。
  2. 更衣室は当面の間、使用中止とします。
  3. 利用団体は、施設利用後、通常の清掃と併せて接触回数が多い場所の消毒を行ってください。
    (ドアノブ・水洗トイレのボタンやレバー、窓のカギ、照明のスイッチなど)

小体育館

  1. 最大2団体までの貸し出しとします。2団体が入る場合は、中央のコートを必ず空けて利用してください。
  2. ロビーや廊下のイスとテーブルは一時撤去します。
  3. 更衣室は、当面の間使用中止とします。
  4. 利用者は、施設利用後、通常の清掃と併せて接触回数が多い場所の消毒を行ってください。
    (ドアノブ・水洗トイレのボタンやレバー、窓のカギ、照明のスイッチなど)

弓道場

  1. 多人数での利用とならないように利用者間で配慮して利用してください。
  2. 利用者は、施設利用後、通常の清掃と併せて接触回数が多い場所の消毒を行ってください。
    (ドアノブ・水洗トイレのボタンやレバー、窓のカギ、照明のスイッチなど)

テニスコート

  1. 利用できるコートを制限します。(2・3・5番コートは利用不可)
    ※オムニコート1面、クレーコート2面利用可能です。
  2. クラブハウス内のイスとテーブルは一時撤去します。
  3. 更衣室・シャワー室は、当面の間使用中止とします。

みどりの広場

  1. 一日あたりの利用団体数は1団体に限ります。
  2. 定員を50人までとします。(通常貸出し時の半分)

中央グラウンド・大君グラウンド・アッシーグラウンド・祇園崎運動広場

団体団員内での活動にとどめ、三密(密閉・密集・密着)状態にならないように配慮して利用してください。

学校体育施設(体育館)・学校体育施設(グラウンド・ナイター)

  1. 学校体育施設(体育館・グラウンド)は6月19日(金曜日)から貸出しを再開します。
  2. 学校体育施設(体育館)の利用者は、施設利用後、通常の清掃と併せて接触回数が多い場所の消毒を行ってください。
    (ドアノブ・水洗トイレのボタンやレバー、窓のカギ、照明のスイッチなど)
    ※清掃用具は鍵の貸し出し時にお渡しします。(屋内体育施設利用者のみ)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?