ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校
芦屋中学校トップページ > 活動紹介 > 令和3年度学校行事 > 令和3年度第75回卒業証書授与式

本文

令和3年度第75回卒業証書授与式

記事ID:0020744 更新日:2022年3月11日更新

第75回卒業証書授与式

 3月10日(木曜日)、穏やかな日差しの中、芦屋中学校体育館にて『第75回卒業証書授与式』が行われ、卒業生123名が巣立っていきました。

 今年も新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、在校生は代表のみ、保護者の参列を各ご家庭2名までと制限し、換気等十分配慮した上で実施しました。

卒業式の様子

卒業証書授与
卒業生代表に『卒業証書授与』

学校長『式辞』
学校長『式辞』

式辞では、「・・・皆さんのこの三年間の中学校生活は新型コロナウイルスによって大きな影響を受けました。新しい生活様式として、マスクの着用や朝の検温チェック、給食時の黙食など、不自由な生活を強いられました。さらに日々の授業はもちろん、体育大会の競技種目の縮小や、修学旅行の行き先の変更など、今まで経験したことのない自粛生活を求められ様々な制限にストレスや先が見えない不安を感じる日々を過ごしてきました

しかし、一方で、皆さんはITを効果的に活用した授業や、オンラインによる生徒総会、生徒会役員選挙、文化祭など、新しいことにどんどん挑戦し、成功させてきました。新型コロナウイルスの影響は、新しいものを取り入れていく、良いチャンスとなったことも確かです。

また、不自由な生活を送っているからこそ、日常や当たり前であることの有り難さに、改めて気づく機会になりました。
さらに、どんなに社会が変化しようとも、時代を超えて変わらない価値のあるもの例えば、豊かな人間性としての、正義や公正さを重んじる心、他人を思いやる心、自然や故郷(ふるさと)を愛する心、そして、平和を願うコロナがあってもなくても、
大切なことは大切なこととして、改めて私たちの心に刻む貴重な経験になりました。

そして、このような経験をした君たちなら、この芦屋中学校での学びを大いに活かし、きっとこれからの長い人生の中で、待ち受けているであろう様々な困難に立ち向かい、しなやかに乗り越えていくことができると、信じています。そして、そんな君たちをいつまでも応援しています。」と、話がありました。

在校生代表『送辞』
在校生代表『送辞』

卒業生代表『答辞』
卒業生代表『答辞』

卒業生合唱『あなたへ』『旅立ちの日に』
卒業生合唱『あなたへ』『旅立ちの日に』

 担任の先生から一人ずつ呼名されると、みな大きな声で返事をし、立派な姿で登壇しました。合唱の二曲はマスクを着用して行いましたが、体育館中にきれいなハーモニーが響き渡りとても感動的でした。

最後の学活

 卒業式終了後、各教室にて3年生最後の学活を行いました。

卒業証書とお花の授与
各学級での『卒業証書授与』

学活
クラスの仲間や保護者の方に『感謝のメッセージ』

学活
思い出動画の視聴

学活
生徒から先生方へ『感謝のプレゼント』

 それぞれのクラスで、担任の先生から『卒業証書』とお花が手渡され、卒業生はクラスの仲間や先生、保護者の方への感謝を伝え、これからの目標や意気込みを宣言しました。どのクラスも仲間との別れを惜しみながら『最後の学活』を過ごしました。

かがやき学級『最後の学活』

 かがやき学級でも2名の生徒が卒業を迎えました。

かがやき かがやき

 先生や保護者の方にメッセージを読み上げる姿はとても立派で、入学時から見違えるように成長しました。

 

 卒業生のみなさん、4月からそれぞれの進路で新しい生活が始まります。大きな壁が立ち塞がることもあるでしょうが、これまで様々な困難を仲間と協力して乗り越えてきたみなさんなら大丈夫だと信じています。
 みなさんの今後の活躍を期待しています。 

 卒業生の保護者の皆様、この3年間、芦屋中学校の様々な教育活動にご理解・ご協力頂きありがとうございました。