ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校

本文

3学期始業式

記事ID:0020165 更新日:2022年1月11日更新

 いつもより少し長めの冬休みが終わり、1月11日(火曜日)3学期がスタートしました。
 
 朝、元気に登校する生徒たちの姿を見ると、有意義な冬休みを過ごすことができたのだろうと感じました。

校歌斉唱
校歌斉唱

校長先生のお話 校長先生のお話
校長先生のお話

 

 始業式では校長先生から次のようなお話がありました。

「今年は寅年です。トラは300kgくらいに成長し、ネコ科最大の動物と言われています。生息地は、インドから中国にかけてのアジアが中心で、中国では百獣の王といえばトラであり、獰猛な動物とされています。中国から伝わったことわざにも例えば、「虎の尾を踏む」虎の尾を踏めばただでは済まないところから、非常な危険を冒すことの喩えであったり、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」=貴重な虎の子が欲しければ、怖ろしい虎の棲む穴に挑まなければ手に入れることはでない、つまり大きな成果を望むなら、大きな危険は避けられないことの喩えであったりなど、トラは「強いもの」「恐ろしいもの」として使われる例が多いようです。

 一方で、『虎は千里往って千里還る』ということわざもあります。これは、虎が1日にそれほどの距離を走れるということから、優れた「行動力」「決断力」を意味しています。そこで、ぜひ、みなさんも、今年の寅年にちなんで、『虎は千里往って千里還る』・・・と言われる、優れた「行動力」「決断力」を発揮し、それぞれの目標を力強く達成していくような1年にしてほしいと願っています。」

 3年生は、中学校生活最後の、あるいは小学校から含めた義務教育最後となるこの3学期、悔いの残らぬように、まずは進路を切りひらいていってください。もちろん、1、2年生も、この3学期が終われば、2年生は「最上級生」、1年生も後輩が入学し「先輩」と呼ばれるようになります。それぞれが、進学、進級を前にして、充実した学校生活を送ってくれることを期待しています。