ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校

本文

令和3年度生徒総会

記事ID:0018014 更新日:2021年7月6日更新

 7月2日(金曜日)5・6時間目、令和3年度生徒総会を実施しました。

 生徒総会とは、これからの一年間、生徒会役員が中心となって活動する方針を全校生徒に提案をし、審議していく会です。

 昨年度に引き続き今年度も全校集会の形ではなく、生徒会役員と質疑等を行う各クラスの代表者だけが会場の体育館に集まり、各教室とオンラインでつないで実施されました。

体育館の様子
生徒会役員と質問する各クラスの代表者

生徒会役員の様子
体育館にいる生徒たちもスクリーンでクラスと同じ映像を見ながら参加

 例年、「議案書」は印刷して生徒に配布していましたが、一人に一台のタブレットが配付された今年、議案書のデータがそれぞれ配信され、生徒たちはタブレットに配信された議案書(データ)を見ながら、生徒総会に臨みました。

議案書を見ながら参加
タブレット上の議案書を見ながら参加

 採決が必要な議事では、各クラスで賛成の生徒に挙手をしてもらい、各クラスでその数を確認し、過半数を超えている場合は〇を、過半数に満たない場合は×を、体育館に返信して、全校生徒の意思を確認しあいました。

クラスで挙手をしている様子
クラスでの採決の様子

議長はタブレットで確認
体育館でも各クラスの採決の様子を確認

クラス採決の様子
各クラスの採決結果は議長は手元のタブレットで確認

校長先生のお話
校長先生のお話

 校長先生のお話は、体育館の会場からオンラインで各教室に送信されました。

『一昨年まで、生徒総会はこのように全校生徒が体育館に一同に会して行われていました。しかし、昨年からオンラインで、さらに今年は議案書をデータで配信し、ペーパーレス化を図るなど、新しい形を創造してくれました。もちろん、全校生徒が集まるよさ、議案書が手元にあるよさもあると思いますが、ぜひ、全校生徒が創造力を発揮し、試行錯誤しながらも“よりよい芦中”を創っていきましょう。』