ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校
芦屋中学校トップページ > 活動紹介 > 令和2年度学校行事 > 令和2年度 第74回卒業証書授与式

本文

令和2年度 第74回卒業証書授与式

記事ID:0016385 更新日:2021年3月15日更新

 3月12日(金曜日)、芦屋中学校体育館にて『第74回卒業証書授与式』が行われ、卒業生137名が巣立っていきました。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、卒業生と保護者1名、職員のみの参加とし、換気等に十分配慮した上で、内容を簡略化、式の順番を変更して実施しました。

卒業式
式の様子

卒業式
卒業生一同

校長式辞
校長式辞

 校長式辞では、「・・・今年度は新型コロナウイルスの影響で休校からスタートし、君たちが本来持っている力を発揮することできない日々が続き、本当に残念でした。しかし、学校が再開すると「乗り越えよう!今、心をひとつに芦中生」のスローガンを掲げ、一丸となって、オンラインによる生徒総会や文化祭、短時間の練習で力を結集したスポーツ大会など、新しいものを創り出す“創造への挑戦”を始めてくれました。君たちが最上級生だったから、この混乱の一年を乗り越えることができたと思っています。・・・そして、そんな君たちなら、これからの長い人生の中で待ち受けているであろう様々な困難も乗り越えることができると信じています。そんな君たちを応援しています。」と、卒業生にエールが贈られました。

送辞
在校生代表「送辞」

卒業生代表答辞
卒業生代表「答辞」

 「卒業証書の授与」では、卒業生一人ひとりが担任から呼名され、みな大きな声で「ハイ!」と返事をし、凜とした姿で壇上に立ちました。

卒業証書授与
卒業証書授与

 例年なら式の最初に行われる「卒業証書の授与」ですが、順番を入れ替え最後に行いました。これは、感染症対策のため限られた時間の中で、卒業生の成長した姿をできるだけ保護者の方に見ていただきたいという思いからです。これも、今年度掲げた“創造への挑戦”の現れです。

群青合唱
卒業生合唱 『群青』

旅立ちの日に合唱
卒業生合唱 『旅立ちの日に』

 卒業生合唱はマスクを着用したままで行いましたが、大きな声、きれいなハーモニーが感動的に響き渡りました。

 卒業生137名の輝く未来を、いつまでも応援しています。