ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校

本文

旅立ち集会

記事ID:0016284 更新日:2021年3月11日更新

 例年、「旅立ち集会」は在校生も参列した「卒業証書授与式」の後に、そのまま体育館で実施していました。しかし、今年度は新型コロナウイルスの影響で「卒業証書授与式」に在校生が参列できないため、事前に2部形式で行いました。

旅立ち集会第一部

 3月8日(月曜日)6時間目、3年間の思い出ビデオとお世話になった先生からのビデオメッセージを、各教室で視聴する形で第一部を実施しました。

思い出ビデオの視聴
思い出ビデオの視聴

教室の様子
教室の様子

教室の様子
教室の様子

 入学時のまだ少し幼い姿や、修学旅行の懐かしい画像、お世話になった先生方からのメッセージなどが流れると、生徒たちの間に笑顔や拍手が広がり、和やかな雰囲気の会となりました。

旅立ち集会第二部

 3月11日(木曜日)3時間目(=「卒業証書授与式」の前日)、3年生の式練習を参観する形で第二部を実施しました。

全校生徒最後の集会
全校生徒最後の集合 

 1、2年生は3年生が式当日の流れに沿って練習する姿を、体育館後方から静かに参観していました。

合唱練習
3年生合唱練習

 3年生は、卒業証書授与の呼名での「はい!」という返事の声も大きく、また、合唱では、マスクをしている中でも大きく響く歌声で、きれいなハーモニーを聴かせてくれました。3年生のその凛とした姿は、1、2年生にとって「あこがれモデル」となりました。

在校生代表の言葉
在校生代表の言葉

卒業生代表の言葉
卒業生代表の言葉

 「在校生代表の言葉」では、様々な行事が中止や縮小となり、全校生徒が集合する機会が例年より減少した中でも、3年生の姿を見て学んだことをこれから実践していく決意と、これまでの感謝の気持ちを伝えました。

 「卒業生代表の言葉」では、芦屋中学校の伝統を4月から2年生は最上級生として、1年生は先輩として引き継ぎ、より発展させてほしいという願いが伝えられました。

 

 明日はいよいよ、『第74回卒業証書授与式』です。