ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校

本文

1学期終業式

記事ID:0013505 更新日:2020年8月6日更新

 8月6日(木曜日)、令和2年度 第1学期終業式を行いました。

教室の様子
配信による終業式の様子

 感染症拡大防止に加えて熱中症対策の観点からも、今回の終業式は全校生徒を体育館に集める形ではなく、ビデオ会議システムを活用し、校長室から各教室にオンラインで動画を配信する形で行いました。

校長先生のお話
校長室での校長先生のお話

教室の様子
教室にオンラインで動画の配信

 校長先生のお話は次のような内容でした。

 『この1学期は残念ながら、「入学式」や「体育大会」、「部活動夏季大会」など様々な行事が中止や延期、縮小になりました。 しかし、そんな窮屈な学校生活に負けず、それを乗り越えようとしている人が芦屋中学校にはたくさんいました。・・・元気で爽やかなあいさつを交わしてくれる人、背筋をぴんと伸ばし真剣なまなざしで授業にのぞんでいる人、汗を流しながら黙々と雑巾がけをして廊下をピカピカに磨いてくれる人・・・そのような芦屋中学校のみなさんを、誇りに思います。

 そして、明日からの夏休みにあって、次の言葉を紹介します。

藤井聡太棋聖の言葉
玄関前の掲示板に掲示されている言葉

  ” 実力がなくては 結果を求めることはできない ”(藤井聡太 棋士)

 進路や部活動などで目標が決まり「志望校に合格したい」「大会で優勝したい」・・・と、「結果」を求めるのならば、まずは「実力」をつけなくてはいけないということです。この夏休みは例年よりずっと短いですが、それだけに時間を大切に、有意義に過ごし、それぞれの目標の達成に見合う「実力」をしっかり蓄えてください。応援しています。』

 

 終業式終了後、各部活動のキャプテンが、夏の代替大会の結果報告と3年間の振り返りを行いました。

部活動キャプテンからの報告
部活動キャプテンからの報告

部活動キャプテンからの報告
部活動キャプテンからの報告​

 代替大会がない部活動もあり、例年のように「優勝」を最終目標に設定することができず、モチベーションを保つことが難しい中で、部活動生みんな精一杯の力を発揮し、完全燃焼してくれました。保護者や顧問の先生をはじめ、支えてくださった多くの方々に感謝の気持ちを述べたり、後輩たちのこれからの成長・活躍を願ったりする各部のキャプテンの姿はとても立派でした。3年生のみなさん、本当にお疲れ様でした。

 明日から、例年より短いですが夏休みが始まります。感染症にも気を配りながら規則正しい生活を心がけ、有意義な夏休みにしましょう。