ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校

本文

校長あいさつ

記事ID:0012717 更新日:2020年4月6日更新

 令和2年度は生徒数349名、第1学年3学級、第2・3学年4学級、特別支援学級2学級でスタートしました。今年度も校訓『自主・協同・創造』に基づいて策定した学校教育目標「“自主”的に学び、“協同”意識を持って行動し、誇れる芦中を“創造”する生徒」の育成を目指し、全教職員で力を合わせて学校運営に取り組んでまいります。

(詳細は「教育方針」→「令和2年度学校経営構想図」)

 

 そして、特に今年度は次の2点に取り組みます。

(1) 新型コロナウイルス感染症の予防対策を万全に講じて、可能な限り感染のリスクを低減させ、最大限生徒たちの健やかな学びを保障していきます。

  これまで通りの教育活動を進めることが困難な場面が多々予想される中、教育活動における“創造への挑戦”に取り組んでまいります。また、同時に『ウイルスが嫌うのは人のやさしさ』を掲げ、感染症に関する差別や偏見に対して、適切な行動をとることができる生徒を育成してまいります。

 

(2) 今年度より県教育委員会の指定を受けた『学力向上推進拠点校事業』を通して、さらに生徒一人ひとりの確かな学力の育成に取り組んでまいります。

  1年次となる今年度は、生徒の実態を的確に把握した上での「授業づくり」「組織づくり」の研究構想を具体化し、校内体制の整備に取り組んでまいります。さらに特にICT機器を有効に活用した“一人学び”“協働学び”の場面設定のある授業実践を通して、全校で授業改善を図ってまいります。

 

 以上、今年度も保護者・地域の皆様には、芦屋中学校の教育活動にご支援・ご協力を賜りますようどうぞよろしくお願いいたします。

芦屋町立芦屋中学校長 山 下 高 志