ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校
芦屋中学校トップページ > 活動紹介 > 生徒会活動 > 生徒会入会式・部活動紹介

本文

生徒会入会式・部活動紹介

記事ID:0012431 更新日:2020年6月4日更新

 6月3日(水曜日)、2ヶ月遅れで「生徒会入会式・部活動紹介」を行いました。

 例年、体育館に集合して全校集会の形で行っていましたが、今年は感染症予防のため各教室でICT機器を活用し映像を視聴する形で実施しました。

 まず、「生徒会入会式」では、生徒会長のあいさつや生徒会執行部の紹介、校訓・校章・校歌の紹介や今年度の芦屋中学校のスローガンの発表、各専門委員長からの活動の説明などを、校長室で撮影しアプリを活用して各教室に生配信し、その映像を各教室の電子黒板に投影しました。

zoomを使用した配信
校長室で撮影中の様子

教室での視聴の様子
アプリを使って生配信したものを各教室で投影

専門委員長からの紹介
「生徒会入会式」生配信映像の視聴の様子

 次に、「生徒会入会式」後、「部活動紹介」は各部活動のキャプテンたちが事前に撮影した動画を、各教室の電子黒板に投影しました。

部活動紹介ビデオ
部活動紹介ビデオ

部活動紹介ビデオ
「部活動紹介」ビデオ視聴の様子

教室の様子
「部活動紹介」ビデオ視聴の様子

 ユニークな紹介ビデオも流れるなど、各教室には笑顔が見られ和やかな雰囲気があふれました。

 その後、校内放送で1年生から2、3年生へ向けて、「生徒会入会式」や「部活動紹介」の開催に対しての感謝の言葉や、「これから、団結して何事にもチャレンジする学年を創り、芦屋中学校の一員として、全力で頑張ります」という、決意のメッセージがありました。

 校長先生のお話も校内放送で行われ、《 稚心(ちしん)を去れ》 という言葉が紹介されました。

稚心を去れ

 『 《稚心を去れ》とは、江戸時代末期に活躍した橋本左内という人物の言葉で、「幼稚な心」、中でも「怠けて楽な方に流されるような心」を捨て去らなければ、立派な大人にはなれない、というものです。学年が1つずつ上がったこの機会に、自分自身の中の「稚心」について振り返り、それぞれの学年にふさわしい心構えや態度を身につけてくれることを期待しています。』と話されました。

 

 今回の生徒会集会は、全校生徒が集まる形を取ることができない中、タブレットや電子黒板といったICT機器を有効に活用し、生配信や動画を各教室で視聴する形で実施することができました。

 今後の各行事等も、このように安全に配慮した形を工夫しながら、『学校の新しい生活様式』を創造していきます。