ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校
芦屋中学校トップページ > 活動紹介 > 平成30年度学校行事 > 平成30年度呈茶体験(3年生)

本文

平成30年度呈茶体験(3年生)

記事ID:0001097 更新日:2018年11月6日更新

芦屋釜の里の庭園の画像

芦屋釜の里の庭園

 芦屋町では室町時代、茶の湯釜として全国に名を馳せた“芦屋釜”が製作されていました。その製作は江戸時代初期頃に途絶えますが、その芸術性、技術力に対する評価は今なお高く、国指定重要文化財の茶の湯釜9点の内、8点を“芦屋釜”が占めています。そして、その“芦屋釜”の復興に取り組んでいる施設が『芦屋釜の里』(芦屋町山鹿1558-3)です。
 この『芦屋釜の里』の茶室で、11月6日(火曜日)、3年生が呈茶体験を行いました。
これは、呈茶を体験して、床座の作法を学ぶとともに、郷土に誇りを持ち、日本文化への関心を深めることをねらいとしています。

作法の説明の画像
作法の説明

お茶菓子の頂き方の画像
お茶菓子の頂き方

 この日は天候にも恵まれ、色づく秋の庭園の風情を楽しみながら、抹茶を一服しました。受験生として何かと忙しい3年生ですが、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
1年生は11月、2年生は4月に行いました)